真剣さ、一生懸命さが、在る(動かざるもの)を動かす

受講者
1、2週間前に起こった、引き出しの中を片付けること
そこに入ってた、忘れたままになっていた、無空庵初期のブログ記事を
プリントアウトしてあったのを沢山見つけました

いま、一番必要な基本のすべてが、書いてありました
そこを飛ばして、結果だけに執着していることに気づき、
改めて、基本に戻ろうと思い直しました



必要なことが起こりますね。
それは、今回のセッションで何度も言葉に出されていた「真剣」だからこそ、とも言えます。


受講者
いま、立ちふさがっている壁(マインド)を予測していたかの様に、必要なこと(引き出しの片づけ)が起こったんだと思いました



在るの大きさ、ひとつであること等がうかがえますね。


受講者
セッションでは、強めのマインドが起こった時も丁寧にサポートして頂き、ありがとうございました



丁寧さは在るの在り方のひとつです。
また、それはあなたの常日頃からの真剣さ、一生懸命さがそれを起こさせている、とも言えます。
真の自己、在るは、現れた存在の在り方、真剣さ、理解の度合い、どこに注意が向いているか等に呼応し、その都度必要な体験を与えてくれているとも言えます。
(それは、それが起こるタイミングも含め、必ずしもマインドレベルで欲しているもの、マインドレベルで心地よいものばかりとは限りません。
本質的な視点、そして、全体的な視点から、それは起こります。)


受講者
挫折せずに道を歩んでいけることが、本当に在り難いと思います



現れている存在(それは真の自己、在るにとってまさに自分自身です。)を、真の自分自身、知っているところ(在る)が助けてくれています。

真我が真我に覚醒する

受講者
一つ質問ですが、

スポーツ選手のゾーンに入るや、ボーっとするときが
真我に、繋がってるなどと聞きますが、



ゾーンに入っているときは、マインドが一時的に落ちて(あるいは、静まり)、
真我が純粋にそのまま現れている状態ということもできます。
ボーっとしているときは、マインドは静かな状態ですが、ゾーンに入っているときとは
クリア度合い、明晰度合い、覚醒度合い等が違うと言えるかもしれません。
(意識的にボーっとしているのであれば、それなりに気づいている状態にあると言えますが。)
別の視点からは、真我とつながっていないときなどない、ということもできますが、
ひとつのポイントは、ゾーンに入っているときも、ボーっとしているときも、
その状態だけでは、まだ真の自己としての自覚、そこからの自己理解が起きているとは言えない、という点です。
(ゾーンに入っているとき、ボーっとしているとき、どちらも素晴らしい状態ということもできますが、
本当の自分を知るという点では、それが起こっているとは限りません。)


受講者
それと、意識に意識を向けるは、逆な意識の使い方な感じがしまして、



ボーっとしながら、それを自覚できればよいですが、慣れていないとはじめはそれなりの努力が必要になる場合が多いです。
慣れてくると、より自然なものとなっていきます。


受講者
意識を向けてると、リラックスできず、
自分を、見張ってる感じがするのですが、
そのような感じで、よいのでしょうか?



前述させて頂いた通り、自然なものとなるまでにはそれなりの努力が必要になります。
もし可能であれば、意識を向けながら少しずつリラックスしていってみるというのもよいかもしれません。
通常は、意識的に意識を向けることをシンプルにただ繰り返してくことにより、
それは徐々に自然なものとなり、まったく努力のいらないものとなっていきます。

はじめのうちは、見張っているように感じる場合もあると思います。
それは無意識的にボーっとしているより、覚醒した状態です。
それを繰り返していくことにより、それはより努力のいらない自然なものとなっていきます。
(どこまで行っても努力が必要だったり、楽でない感じがする場合は、力み過ぎていたり、どこかずれている場合があります。
セッションでは経過を見ながら、その辺りの確認等も行っていきます。
また、長く保持しようとしたり、途切れさせずに意識を向け続けようとしていると過度の緊張や力み、頑張りが入りやすいかもしれません。
無空庵の実践は、気づいたら在るに戻る、在るに意識を向ける、であり、長く保持しようとしたりする必要はありません。
意識を向けて、それが自然に続くのであれば、そのままに。もしまた他に注意が向き、それに気づいたら、ただ在るに戻る、です。)

真我は、覚醒状態、明晰であると同時にリラックスしています。

ボーっとしているのは、リラックスという点では素晴らしいですし、
リラックス自体が価値のあるものであるとも言えますが、
そこには、それ自身に覚醒しているという自覚がありません。
状態はそれ(真我)であるとも言えますが、それ(真我)は自己に気づいていません。
それはひとつの言い方をすれば、自己に開かれていない状態、
自己に関しては、まったくの無自覚、無意識、無知、無明というふうに言うこともできます。

それ(真我)を知っている人(理解の深さ、トータルさ等はそれぞれです。)が、
それを真我の状態である、真我とつながっているというのは分かりますが、
大事なポイントは、それを真我として自覚できること、
それを真の自分自身として認識し、直接理解できること、
実感として直接的にそれが分かること、

真我がそれ自身を自覚すること、
真我として自覚することです。

真我がそれ自身に開かれる、
真我が真我に覚醒します。
真我が自分自身を知ります。
はじめて知ります。
(それはすべてであり、時間も含み超えて在り、すでにそうであるものでもあるため、はじめて知ると同時に、
再認識、思い出す、すでにそうであった、ずっとそうであったこと、もともとそうであったことを認識するという側面もあります。)

ただ在ることがすべてを為す

受講者
ハートの共鳴
ハートから愛をもらいました。心地よく優しいエネルギーを受け取りました。



自己が自己に与える愛ですね。


受講者
立場を変えての共鳴
愛が広がっていくことを感じ、それもまた心地よく感じました。



どちらも自分自身(在る・真我・愛)の在り方(受け取ること、与えること)であり、また、動きでもあり、心地よいものですね。

(より細かく言えば、愛として在ることが在り方(本質)であり、愛を受け取ったり、与えるという動き、働き、機能、行為が
本性とも言えます。本質と本性は、ひとつであるものの不可分で分けることができないもの、切っても切り離せないものです。
それであることにより、それが自然に起こります。
それであるがゆえ、そうなります。
ただそうであります。

そのため、ただ在ることがすべてを為す━真に在るであること、真の自己であることがすべてを為す━
ただ在ることで、すべてが為される、為されている、と言えますし、
ただひとつであるものの中で、すべてはただ起こっていると同時に、
本質的には、何も起こっていない、とも言えます。
そのような在るの在り方が、何も起こっていない素晴らしさと
すべてはただ起こっている素晴らしさの両方を至高のものとしています。)

純粋に存在に意識を向ける時間を持つということは、大事

受講者
普段は存在に意識を向けることはあまりないため、セッションは貴重な時間だと感じています。



はい、それ(在る・真我)がより自然なものとなってくると、(もともと、自然さそのもの、普通そのものでもありますから)
日常の中で、改めてそれに意識を向けるということは、なかなか難しいことでもあるとも言えます。
そういう意味でも、それ(在る・真我)自身の自覚、そこからの更新、さらなる開かれのための機会というのは、
とても貴重なものだと言えますね。
また、日常の中では、常に集合的な影響もあり、その影響を受けていつの間にか本質が見えなくなってしまったり、
そのことにすら気づけなくなってしまうこともありますから(ある意味、自然さは同じですが、その純度等が変わってきます。)、
純粋に存在に意識を向ける時間を持つということは、やはり大事ですね。


受講者
では、感想をお伝えします。

最初の共鳴
普通の広がりを感じました。周りの環境に関係なく、本質的な普通は当たり前にいつもあるものだと感じました。そこに在ると、在るべきところに在ると感じ、落ち着きを感じました。



本質的な普通、それは、日常にいつも在りながら、なかなか純粋には感じられないところでもあります。
(他の様々な現れと、ある意味一緒にあるため、また、すべての現れの基底、あるいは、背景に在り、
あるいは、すべての現れの中に静かに浸透してあるため、目立たず、気づかれにくいとも言えます。)
それを改めて思い出し、再認識、再確認(と同時に、初認識という側面もあります。)することで、
自己はより確かなものとなり、また、よりトータルなものとなり、再更新されていきます。

何か意識を向けることは、生命、光、愛を与えること、
存在、自分自身(本質的な普通でもあります。)に意識を向けること、自己を自覚、認識することは、
自分自身にいのちを与えること、
自分自身にいのちを改めて吹き込むこと、
それが、在る(真の自己・愛)の自己更新です。

この世界で思われている愛、あるいは、個人が思っている愛よりも、在るの愛はもっと大きなもの

受講者
愛を持って接したいという気持ちが1年前から強く芽生え
今回のような問題に直面する事が起き、
自分さえ、我慢すれば・・・相手を傷つけずに・・・・
愛を持って接したい。そう思えば思うほど
全てに愛でこたえようと、本当の正直な部分へ抵抗していたのだと
思います。



そうかもしれませんね。
また、別の視点からは、この世界で思われている愛、
あるいは、個人が思っている愛よりも
在るの愛はもっと大きなものです。

在るはすべてであり、すべては愛です。

その愛は、特定の限定された形、質ではなく、
様々な形、質として起こっています。

そこで大事なのは、在る(愛)の立ち位置、理解に在りながら、
起こるものをどれだけ純粋に起こさせることができるか、

(個人でそれを所有せず、個人を不随させずに
━誤解等のないよう、もう少し丁寧に言えば、
個人を不随させずに、状況により、それが自然な場合には、
個人的な起こりを起こるがままに純粋に起こさせる。
純粋に起こっていくものに個人としてくっついていない。
あるいは、起こるものそれ自体として気づいて在りながら、
起こるものそのものとして在る、起こるものそのものになっている、
まるごとそれ、存在全体でそれ、100%それ、
という在り方━等)


真に在るがまま、起こるがままに、
というところです。

そこで起こること(形、内容等)は、在るの理解の深さ等にもよりますし、
また、全体の状況にもよります。


受講者
自分の能力を超え限界が起き、体調不良も起き、ようやく
本当の気持ちと向き合い、そして周囲の人へ向き合う事への
気づきが起こりました。



通常では考えられないくらいこれまで頑張ってこられたと思います。
本当にお疲れ様でした。


受講者
抵抗がある中で、本当の愛は感じなくなりますし、
本質の奥深いところでの抵抗や問題を解決なくして、
抵抗に更に抵抗という蓋をしていては、自然体の愛には
気づけないと感じます。



はい、在るの愛は、自然体の愛、それは全体へと至る愛、
至全体の愛、また、全体へと行き渡る愛でもあります。
特定の角度や力み等なく、ニュートラルでやわらかく自然なものだからこそ、
すべてにやさしく行き渡ることができます。

(在る側からはそうですが、個の特定の立ち位置からそれに抵抗する場合には、
それがやさしく感じられない場合もあります。
在るの愛とは、そのような愛であり、そのような在り方をしています。)


受講者
今はとても、フラットな状況で、自然な状態です。
これからも自分自身へ正直に向き合いたいと思っています。



はい、それが一番大切です。
在るもそのように在ります。

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示