マインド、現れを超えていくには、それなりに時間がかかり、ある意味、粘り強さ、忍耐強さも必要

受講者
1月下旬の多忙と体調不良から、2月に入ってショックなことがあって、まだ渦中にいる感じですが、現れの世界で翻弄されているところでした。いろんな感情が溢れてきてしまってすみませんでした。



起こるものを起こらせることで、自然な解消が促されます。


受講者
前から強い感情が起こるととらわれやすいのは気づいていたのですが、しばらくそういうこともなかったので、穏やかになってきたのかなと思っていた部分もありました。



全体的な変容は進んでいますが、皆さんそれぞれにひっかかりやすいところ、とらわれやすい部分、根深いパターン等あります。
そのようなところも、真摯な実践の継続により、徐々に変容していきます。


受講者
在るの実践はこういう現れにどう生きていくのかな、と渦中にいるとわからなくなってしまいますが。



はい、渦中にあるときには、そのような精神状態になりますが、プロセスを理解し、進んで行きましょう。
同時進行して行くとも言えますが、分かりやすく言えば、まずは、とらわれやパターンが起こっても、それから離れやすくなっていく、
そして、よりとらわれにくくなっていく、さらに、とらわれやパターンが起こりにくくなっていく、全く起こらなくなっていく、
(現れの世界で生きていくのに必要なパターン等はそのまま残ります。)
前述させて頂いたように、全体的にはそのように進んで行きますが、根深いものはそれなりに時間がかかります。

これまでの長い間のパターン、それらを含め大きく言えばマインド、現れを超えていくには(含み超えていくには
━現れを置き去りにし、ただ超えていくのではなく、含み超えたトータルな在り方を無空庵では大事にしています。
そこに至るためのスタート段階において、まず現れ一色、あるいは、現れと本質がミックスされ同一化している状態から、
現れと本質を識別し、本質の方へ向かっていく、帰っていく段階が、ただ超えていく、
表現を変えれば、現れは幻想、現象であり、本質の方をより重んじる、実感としてもそれが強まる段階が初段階として在ります。
(ここもすべての段階は、同時進行していくとも言えますが。)
そして、変わらない本質、現れが起こっていく変わらない源としての立ち位置がしっかりしてくると、
そこを土台、主体として、自然にそれ自身から起こる現れもまたそれであるという理解、統合が起こり始めます。
(初段階において、一時的体験としてすべてはそれである、それだけがあるという理解も起こることがありますが、
それが存在全体に浸透し、全体が変容するには、多くの場合それなりに時間がかかります。)
現れレベル、関係性等における自然な感覚、反応も起こりながら、同時に、すべてはそれであるという理解が
いつもはっきり自覚されているかどうかにかかわらず常にベースにあり、けっして現れを軽んじることなく、
かつ、とらわれることなく、存在全体における深い理解、現れレベルの理解を超えた深い愛から、全体の中での自然な反応が起こります。
真に統合された在り方、さらに含み超えた在り方は、とても自然であり、まったく普通、桁外れに当たり前です。━、
本質自体はすでに超えていますが、それがマインド、身体、細胞レベル等に浸透し、存在全体でひとつとして超えていくには)、
それなりに時間がかかり、ある意味、粘り強さ、忍耐強さも必要です。

できる限りのサポートはさせていただきますので、地道な実践を続けていきましょう。

透明感と静けさの中での浄化

受講者
最初の共鳴、淋しい

アイコンタクト、浄化

瞑想、浄化

ハートの共鳴、淋しい

立場を変えての共鳴、淋しい

ニュートラルの共鳴、淋しい



今回は、透明感と深い静けさの在り方の中で、

深い部分の浄化が起こっていた感じでしたね。


受講者
今も淋しい感じが続いていてちょっと苦しいです。



かなり深い部分のものが出てきている感じですから、苦しいですよね。

今まで十分に感じられていなかったもの、

表現されていなかったもの、

満たされていなかったものが浮上してきていますから、

全面的に肯定、受容し、

本質的な愛(在る)の在り方で、ただ在りましょう。

変容、成熟のプロセスの中では、より強く浄化的にマインドが起こってきたり、また、抵抗として起こってきたりすることもある

受講者
日々の日常が、ほぼマインドのおしゃべりに乗っ取られていた 。と再認識し、愕然となりました。
無空様と共鳴の時、と在るに戻るを意識している時、以外は、常にマインドが問題を探してるのに気づきました。



気づかれたことで、さらなる変容が促されていきます。
また、変容、成熟のプロセスの中では、より強く浄化的にマインドが起こってきたり、
また、抵抗として起こってきたりすることもあります。
それらは、プロセスを理解し、一貫した在り方で実践を繰り返していくことで、
自然にクリアされていきます。

大きな浄化中は大変だが、セッションと地道な実践により、クリアしていく

受講者
セッション後は、相変わらず、悲しさやイライラや不安感などが、浮上してくるのを感じる場面が多かったです。



浄化が進行中ですね。


受講者
夜に眠ろうとすると、悲しさや、イライラや、不安感などで、胸がいっぱいになり、ごちゃごちゃ考えてしまい、眠れなくなり、深夜に、一人で車に乗り、パンクロックなんかのやかましい、殺伐とした音楽を、音量MAXでかけながら、怒り狂ったように叫び続けたり、悲しい音楽をかけながら、泣きわめいたり。そういう事が何度かありました。
しばらくの間、それをすると、スッキリして眠れるようになるけれど、どうしても睡眠時間が短くなってしまうので、疲れがとれづらくなってしまう。
地道に続けます。



大きな浄化中は大変ですが、セッションと地道な実践により、クリアしていきましょう。

浄化が進めば進むほど、本質的なところがより開かれ、感じられるようになってきます。

理解も深まり、より自然で、真の意味での在るがまま(自己理解、在るの理解に立脚した在るがまま)、
を実現できるようになっていき、より楽で、軽やかになっていきます。

喜びや味わい深さ等も増していきます。

地道な実践により、超えられないものはない

受講者
セッション当日は、よく起こるパターンで気分不良でした

比較して劣等感で落ち込み、考えに考えを重ねてぐるぐるした状態でした

最近気づいたことですが、この劣等感はファミリーカルマです



頻繁に、何でもかんでも、どうしても、このパターンに引っかかります

気づいていること以外に出来ることはないのですが、、、、

超えたいです



パターンにも、弱いもの強いもの等ありますが、

地道な実践により、超えられないものはありません。

すでに超えているもの(含み超えている)に意識を向け、

また、すでに超えているものであることを重ね、

存在全体として超えていきましょう。

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示