無空庵で伝えていることは、シンプルでダイレクト

受講者
セッションのはじめに、

「在る」に意識を向けることが定着しつつありながらも、
「在る」の感覚が感じられない時はついイライラしてしまうことも
あると話したところ、

そういうマインドの反応や妨害もあるが、行ったり来たりしながらも
徐々に進んでいく、というお話を聞いて、地道に進んでいこうと
また再確認できました。

また、強い感情に飲み込まれた時は、「そういう感情を感じ切る」
みたいなことはやった方がいいか、やらない方がいいか、ご質問
しました。

「感情を感じ切る」ということが自分の中で起こってきた時は、
それに任せてもかまわないけれど、どうしても「個人」に
巻き込まれやすいので、



実践の主体が個人になってしまうということですね。
純粋な気づきそのものとして、それをただ起こらせるというスタンスで
あれば、ベストです。
あるいは、個人があっても(個人感覚が起こっていても)、同時に、
そのスタンスも持っていられるといいですね。


受講者
「すべての感情に対してそうしよう」みたいな形にはしない方が
いいこと。



在るの在り方は、とても柔らかいです。
はじめから、このような場合は、こうしようというようなものは
ありません。
未知なる今、無限なる今に対する即座の反応は、
その在るの柔らかさをもって、はじめて可能となります。
無空庵でお伝えしていることは、シンプルでダイレクトです。
在るを実現するために、在ると同じように在りましょう。
在るそのものとして、ただ在りましょう。


受講者
基本としては、感情が起きたらそれに気づいていること。
できれば「在る」に意識をもどす、ということ。
強い感情に飲み込まれてそれができない時は、ただ、その状態
に気づいていること。
を学びました。



シンプルに在れるようになるまでは、実践を行う上で、こういう場合は、
どうしたらよいか、という類の質問を受けますが、ある一定の基本を
お伝えしています。
(在るに意識を向けること、在るそのものであることは、もっとも
シンプルで、もっとも直接的、かつ、トータル、そして、もっとも自然な
在るの実現法です。)
そのことで、質問したマインドも落ち着きますし、実践をより安心して
安定して進めることができるようになります。
実際は、基本でお伝えしたことも含まれながら、起こることが起きますので、
それでOKです。


受講者
各共鳴の感想は、

最初の共鳴:柔らかい感じ。
いつもは「意識」を探しているが、今回は、その柔らかさ
が区別なく「意識」なのかな、という感じで、「意識」がより
自然で普通なもの、という感覚を感じました。



いいですね。


受講者
アイコンタクト:しっとりした感じ。
今まで「精神」と「物質」と区別してて、「意識」は「精神」に
近い感じ、という印象だったが、そういう区別があまりなく、
「意識」がもうちょっと「物質」寄りに感じました。



セッション等では言葉での説明も起こりますが、
このセッションでの強みは、言葉を超えた真実を直接体験し、
それを直接的に知っていただく事ができるということです。

色即是空という言葉もありますように、すべては意識(空・気づいている空)です。
直接体験は、それまでの観念、概念、思い込みを軽々と超えていきます。
(その後、マインドが未成熟であれば、マインドが一時的に混乱する可能性もありますが。)
在るの実現へと向けたスタート時点では、

(スタートと言っても、在るはすでに在り、すでにゴールでもありますが、
それが存在全体で腑に落ち、在る(真我・無限の愛・変わらない幸せ・平和)が
自然に生きられるようになるために実践を重ねて頂きます。
無空庵では、在るを実現するために、はじめから在って頂きます。
スタート地点からゴールであって頂きます。)

源である在る(純粋な意識)と現れ(現れた在る)を識別し、
焦点を源である在るの方へ向けて頂き、
立ち位置をそちらにシフトしていけるようサポートします。
(現れた個人が主体・基盤である場合は、個人自体が起こっては消えていくもの、
変化し続けるものであるため、不安定です。)
そして、在るの立ち位置に立つことで自ずと気づかれること、知られること、
認識されることは、それまで識別していた現れもまた在るである、
すべては在るである、すべてはそれである、ということです。

(存在全体の純化、成熟、深まり等も関係してきますので、その認識がすぐ来る
とは限りません。また、逆に、一時的な認識は、全体が成熟していないときでも
起こる場合があります。これはやはり起こるときに起こるとしか言えませんが、
安定して認識できるようになるのは、全体が成熟し、在るであることの自己理解が
深まってからであると言うことができます。)

そういう意味では、在るを実現するまでの説明は、ある意味、マインドの立ち位置
にあるスタート地点から進みやすいようにするためのある意味、方便であるとも言えます。

(もちろん、源と現れの理解、識別の視点もとても大切ですし、それは、直接体験として
体験されるものでもありますが。)

確かな在るの立ち位置から安定して認識できるようになってくると、
現れも含め、全体が統合されていきます。

(もともと、すべてはそれ、すべてはひとつでありますが、その認識が、マインドを含め、
存在全体での自然な認識、普通の認識、当たり前の認識になっていくという点で、
統合されていくという表現を使っています。)

あるいは、もともとそうであったことが存在全体で知られていきます。

理解としては、はじめからすべてはそれであることもお伝えしながら、
マインドの立ち位置にあっては、現れに巻き込まれた状態であるため、
まずは、ゆらがない在るの立ち位置、あるいは、すべてはそれであるという
真実が自然に認識されるようになる立ち位置へとシフトしていけるよう
サポートしていきます。
はじめから、自分自身も含め、すべてはそれ、という見方だけを貫いていく
という進み方もあるかもしれませんが、無空庵としては、ただ在ること、
ただ気づいていることの実践による主体の純化、または、立ち位置のシフトを促し、
そして、最後は、(もちろん、途中でも体験としては何度も起こりますが。)、
主体も客体もひとつになり、すべてはそれ、という理解に落ち着くという流れで
サポートしています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示