在るはすべて。そこからはみ出すものは何もない

受講者
一週間のご報告の時、息子とのことをうだうだと無空さんに聞いていただきました。さっそく、ひっくり返っていましたね。在るからそれてました。



在るはすべてです。
そこからそれるもの、そこからはみ出すものは何もありません。

ただ、源と現れという視点から見た場合、どちらに焦点が当たっているか(源である在る、現れている在る━ここも、「現れている在る」と見るか、あるいは、背景にそのような理解があるか、それとも、現れている内容、形だけに焦点が当たっているかで違ってきます━)、ということは言えます。


受講者
いいこと言ったり書いたりしてても、まだ理解が浸透してないようです。そこには分離がありました。私という「個・我」がありました。共鳴に入り、そのことが明確にわかりました。



「個・我」は、必要に応じて自然に起こってきます。
あって悪いものでもありません。
ただ気づいていて、そして、在るで在って、それ(「個・我」)が純化されていき、在るが主体となるようだといいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示