すべての体験、すべての気づき、理解、認識の後にやって来る者(個人・私)に気づいて在ることが大切

受講者
セッション:全体に気づきに気づくことを意識してやっていました。
まあまあ出来ていたと思います。
徐々にマインドも静かになっていきました。



全体的にとてもよい感じだったと思います。

気づきに気づくを意識してやっている(私である個人が)からスタートし、
自然に、気づきに気づくが自然に起こっている、
個人がやっているのではなく、ただそれが起こっている、
そこに個人、行為者、意識している者である特定の誰かはいない。
そこには、純粋な意識、純粋な気づきそのものだけが在る。
それがそれ自身に気づいている。
ただそれだけが在る。
ということもさらに自覚、認識してみられるといいですね。
(実際に、いつも、個人ではない、個人はいない感じは自覚、認識されていますが。)

そして、いつも“最後”は、今回(今)は、ただそのように起こっていた、
ただそうであったと、体験している主体、実践している主体を個人にしないよう、
在りましょう。
いつも、“最後”に、
すべての体験、すべての気づき、理解、認識の後に、
私である個人がやってきて、主体の座につこうとしますから、
その体験を我が物とし、所有しようとしますから、
それがやってきても、それは個人体験を可能にする在るの自然本性(愛)から、
すべての体験、すべての気づき、理解、認識と一緒にセットでやってくるものくらいに
理解されておいて、ただそのことに気づいて在りましょう。
ただ気づいて在るとき、その気づきの主体は、個人ではなく、純粋な気づきそのもの、在るです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示