全体(トータル・在る・愛・真我)だけがひとつであるもの(ひとつであるすべて)として、変わらずに在る

受講者
今回セッションの時点では、苦しさも限界といった感じで無空さんとお話ししていました。


セッションが終わってからも一体どうしたことだろう?という思いと苦しい感じがしばらく続いていましたが、そのうちに自分を見つめること、気づくことが自然と起こってきました。



自然と起こってきた、という在り方、立ち位置がいいですね。


受講者
>抵抗が起こっていることにも抵抗しないこと。

>そのことも含め、すべてはただそうであると気づいていること(愛)。

>それが大切です。

>それが(まるごと)全体(在る・愛・真我)として在るということ。

>トータルで在るということです。



前回の感想の返信としていただいた一部分ですが、このことが今の私なりに理解され、また少しよりクリアにトータルに安定した感じになってきているように思います。



全体(トータル・在る・愛・真我)だけがひとつであるもの(ひとつであるすべて)として、変わらずに在ります。

その中で、それは多様に森羅万象、私である個人を含めた世界、様々な関係性として現れ、様々に起こる事象、現象を通して、自らをより深く、よりトータルに知っていきます。
その中で、それは自らをより実現していきます。
ただ知っていきます。
ただ実現していきます。

今回で言えば、苦しいという感じが起こってきたこと、そして、セッション、また、感想の返信等を通して理解が進み、さらにクリアにトータルに安定した感じになれた、というところにそれを見ることができます。
そのような視点からは、様々に起こってくること、あるいは、起こらないということが起こってくることすべては、ありがたい恩寵と見ることもできますね。
(もちろん、より理解等を進め、深めるためには、必ず大きな苦しみを通してでなければならないというわけではありません。
よりクリアになってくれば、どのような質の微細な起こり・事象・現象・波からでも、気づき、理解をより深めていくことが可能になっていくでしょう。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示