主体が愛であることが大切

受講者
センタリングや

エネルギーセンター(チャクラ)へのチューニングを

すっかり忘れていたのですが

今週はそれを思い出すようなことが起こっていました





たしかに

この真理を知って

再びそのエネルギーにも繋がりゆくことは

わたしのプロセスでもあるのだろうなあって思います



それが起こるのなら自然に起こるでしょう。

とにかく主体が愛であることが大切です。

その上で、何かが自然に起こるなら

それは本当に素晴らしいものとなるでしょう。

主体が愛であるということは、何かのために愛を使うということではありません。

ただ愛そのものとして在るということです。

それ(愛)以外何も存在しないという真実の中で、

愛(全体)は、ただ愛(全体)だけのために在ります。

その真の自己愛(全体愛)が、自然に溢れ出たもの、こぼれ落ちたものが

そこから様々に起こっていくものであるというように見ることもできますね。

そのとき、その愛の純度は、素晴らしく保たれたまま、

現れの世界に溢れ出て、広がっていくでしょう。

それは、素晴らしい愛の表現となるでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示