それそのものとして在ることで、自己理解が深まっていけば、必要でないパターンは自然に弱まり、落ちていく

受講者
先日 数年ぶりに ある方が セッションを受けにきて下さいました。
その方は見違えるぐらい お元気そうになり、肌も本当にきれいになっていました。

セッションが始まると、以前からのくせの どうにかしてあげたい、とか 伝えたい、という マインドが起こり、気付いて、を繰り返し、セッション時間を1時間オーバー でした。

家に帰ると、もう動けなくなり、何もする気力がなくなりました。

ああ、やってもうた~ と 思いました。

ああ、やってもうた~ と思っているのも 気付き、そのままにしている、という感じです。



それがいいですね。
パターン(習慣)の力が残っているうちは、徐々に弱まりながらも

(あるところまではそのように感じないかもしれませんが、気づき続けていることで徐々に弱まっていきます。)

繰り返し起こってきます。

気づき続けることと、そして、在ることですね。

ただ在ること、

それそのものとして在ることで、自己理解が深まっていけば、

必要でないパターンは自然に弱まり、落ちていきます。

(パターンが起こっていることに気づくことも自然に起こりますが、
在るそのものであることで自己理解が深まることが、
不要なパターンが自然に落ちていくということも含め、
存在全体の成長、成熟、統合等の意味で、
もっともトータルで、もっとも自然で、もっとも強力です。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示