真我のそれ自身とのもっとも深い関わり合いが、ただ在るということ

受講者
深いところで関わり合える、それがわたしのひとつの大きな望みです。



それは、真我そのものの望みでもありますね。

それは、真我のそれ自身を無限に知り、それ自身を無限に実現していくという
真我のそれ自身との深い深い関わりでもあります。

そして、真我のそれ自身とのもっとも深い関わりがもっとも端的に現れているのが、
真我が真我に気づく、気づいているということ。
それは純粋な気づきそのもの、純粋な意識そのものでもあり、
気づきが気づきに気づいていること。
意識が自分自身を意識していること。
自分自身の存在をそれそのものとして自覚できていること。
その中に、そのこと自体の中に、
真我のそれ自身とのもっとも直接的で、もっとも凝縮され、最も深く濃く、また、
もっともトータルな関わり合いがあります。

そして、その在り方をまた別の言い方で表現すれば、

ただ自分自身で在るということ。

愛そのもので在るということ。

在るそのもので在るということ。

ただ在る ということ。

そのように表現することができます。

(その他の真我のそれ自身との関わり合いとしては、真我・純粋な気づきから距離のある真我から現れた思考、感情、様々な事象、他の存在、世界、宇宙、森羅万象との関わり合いがあります。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示