すべてを貫く、それそのもの

受講者
日常では、

根深いパターンの浄化のような感情が起こりましたが、微細な段階で気づかれ、理解の力が自然に働き、すぐに静まっていきました。

このとき、立ち位置の違いが、体験をまったく違うものに変えたのを感じました。



そうです。
どう在るか、どの立ち位置にあるか、何者であるか、愛であるか、そうでないかにより、外側の状況に関わらず、体験は変わってきます。


受講者
愛の立ち位置にしっかりと立ったとき、愛の視点が開かれ、愛の体験に変わりました。

全体を受容し、包み込んでいました。

今回、立ち位置による体験の違いをより明確に感じられたことで、マインドの性質、また、マインドとハートの違いの理解がより深まったように感じます。



ただ在ること、ただ愛であることによるクリアな実感、実体験が、自然に理解を深めますね。


受講者
それから、「何も変わらない」という感覚が浸透している感覚があります。

波立とうが、波立つまいが

波が大きかろうが、小さかろうが、

どんな種類の波が起ころうが、

何も変わらない、ただ、変わらない、というような感覚があります。

といいますか、そのような感覚そのものとして在る、という方が近いような感じがします。



とてもいいですね。


受講者
先週までの感覚と何が違うのかを言葉で表現するのはとても難しいのですが、そのような感覚を感じる場面が、今週は何度もありました。

マインドが分割してラベルを貼っているそのひとつひとつの区別、区切りがよりなくなっているような、より溶けているような感覚もあります。



それ(愛・真我・在る)は、すべてを溶かしていくものでもあります。


受講者
ひとつであるものが在るだけ。

絶対不変不動のそれ自身の中でのひとつのゆらぎ。

どのようにゆらいでも、何も変わらない。



そのとおりです。


受講者
本当に、先週までとの違いを表現するのはとても難しい感じなのですが、そのことを存在そのものが分かっている、存在そのものが知っている、はじめから知っていることを知っている、ただ当たり前のこととして知っている、という感じでしょうか。

とても微細な感覚なのですが、しっかりと明らかに感じられます。



セッションでお話をお伺いしていて、とてもよく伝わってきました。

そして、表現にあるように、それは、とても“微細”であり、

そして、同時に、“しっかり”としていて

とても“明らか”でもあります。

さらにそれは、“奥深く”もあり、また、“シンプル”で、かつ、“トータル”です。

それが、それの特徴でもありますね。

それが、在る、真我、無限の愛、

至福そのもの、

喜びそのもの、

知っているという知そのもの

(純粋な知、純粋知性そのものであり、

また、すべてである叡智そのものでもあるもの。

あるいは、叡智の種、叡智の源。

そこから、具体的な状況に応じて、具体的な智慧が無限に現われていきます。

それと同時に、それは具体的に現われないまま、

ただそれとして在り、

すべてを支え、すべてを育み、すべてを包んでいます。

ただ在り、

すべてを統御し、バランスさせ、そして、正し、整えています。

気づきが必要なところには、それをもたらし、

情熱が必要なところには情熱を、

勇気が必要なところには勇気を、

謙虚さが必要なところには謙虚さを、

感謝が必要なところには感謝をもたらします。

また、今は何も起こらないことが必要なところには、

何も起こらないということをもたらします。

それは、ただ在りながら、それぞれの今に、必要なもの、必要な体験を、

必要なだけもたらします。

それは適切です。

それは、源でありながら、全体でもあり、

その適切さは、そのただひとつである全体の中で起こるとてもとても自然なものです。

それは恩寵とも呼ばれます。

━ 関係性の中での恩寵でもあり、また、それ自身への恩寵とも言えます。━

それは愛とも言われます。

━ 関係性の中での愛でもあり、また、それ自身への愛でもあります。━


またそれは、その言葉の前に何もつかない

“知っている”

けっして、「何か」を“知っている” ではありません。

その前に、「何を」、「~を」という具体的なものが何もつかない

“知っている”

ただ “知っている” です。

ただの “知っている” です。


それは、その前に何も存在しないもの。

その前に存在すること、何者をもあたわざるもの。

すべてに先立ち在るもの。

第一のもの。

何ものにもよることなく、真に独立して、それ自身としてトータルに在れるもの。


“ただ” 在れるもの。


それ自身として

“ただ普通に” 在れるもの。

それ自身として

“ただ自然に” 在れるもの。

それ自身として

“ただ当たり前に” 在れるもの。


それは、“知っている”という絶対的な理解(愛)として、

また、“ただそうである”という問答無用の事実(愛)として、

存在と生のすべての領域に行き渡り、

ただ在りながら、

自動的、自発的、自然に、そして、トータルに働いています。)


(注)括弧書きが長くなりましたので、少し前から、直前以外の返信部分はカットして再掲します。


受講者
それから、「何も変わらない」という感覚が浸透している感覚があります。

波立とうが、波立つまいが

波が大きかろうが、小さかろうが、

どんな種類の波が起ころうが、

何も変わらない、ただ、変わらない、というような感覚があります。

といいますか、そのような感覚そのものとして在る、という方が近いような感じがします。

先週までの感覚と何が違うのかを言葉で表現するのはとても難しいのですが、そのような感覚を感じる場面が、今週は何度もありました。

マインドが分割してラベルを貼っているそのひとつひとつの区別、区切りがよりなくなっているような、より溶けているような感覚もあります。

ひとつであるものが在るだけ。

絶対不変不動のそれ自身の中でのひとつのゆらぎ。

どのようにゆらいでも、何も変わらない。

本当に、先週までとの違いを表現するのはとても難しい感じなのですが、そのことを存在そのものが分かっている、存在そのものが知っている、はじめから知っていることを知っている、ただ当たり前のこととして知っている、という感じでしょうか。

とても微細な感覚なのですが、しっかりと明らかに感じられます。



セッションでお話をお伺いしていて、とてもよく伝わってきました。

そして、表現にあるように、それは、とても“微細”であり、

そして、同時に、“しっかり”としていて

とても“明らか”でもあります。

さらにそれは、“奥深く”もあり、また、“シンプル”で、かつ、“トータル”です。

それが、それの特徴でもありますね。

それが、在る、真我、無限の愛、

至福そのもの、

喜びそのもの、

知っているという知そのもの、

道(タオ)、

真・善・美、

自然、

普通、

変わらないもの

すでにそうであるもの

ずっとそうであるもの

これでいい

ただそうである です。

それは、そのように在るもの。

そのような在り方をしているもの。

ただそう在るもの。

それはすべての存在に開かれていて、かつ、それに開かれた者でなければ

知ることができないもの。

隠されているもの。

秘められているもの。

それに開かれ、はじめて知ることができるもの。

その立ち位置に立ち、あるいは、それそのものとして在ることで、

はじめて知られるもの。

そして、その立ち位置に立つこと、それそのもので在ることを重ねることで

自己理解が深まり、はじめてそれを生きることができるもの、生きられるもの。

開かれたる者に開かれるもの。

開かれているけれど、隠されているもの。

とてもとても大切なもの。

一番大切にされるべきもの。

どのような時代、

どのような場所、

どのような次元でも、

もっとも注意深く、

もっとも慎重に、

もっともやさしく、

もっともやわらかく、

もっとも丁寧に取り扱われるべきもの。

(それ自身から)

それはそのようなもの。

その表面は、多くの人にも分かる。

伝えられる。

ただ、その本質、

その真髄は秘められている。

それは、表面にも現われながら、

同時に、もっとも深奥に在るもの。

日常の中に、あるいは、日常そのものとして

普通に在りながら、

無限の深奥、

深奥の深奥、

無限の彼方、

彼方の彼方に在るもの。

その位置に在ることを絶対に譲らないもの。

絶対的な位置に絶対的に在るもの。

開かれていると同時に、秘められたるもの。

それは、相対を超えて在りながら、相対をも含む

ただそうである

であり、

それは、相対を超えて在りながら、相対をも含む

これでいい 

であり、

それは、相対を超えて在りながら、相対をも含む

普通。


普通。

それは、存在と生のすべてに普遍的に通じるもの、

通じているもの。

それ自身とその現われ

そのすべてを支え、育み、包んでいるもの。

遍在する これでいい。

普遍的な ただそうである

すべてを貫く それそのもの。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示