気づきは気づかれることが喜び

受講者
セッション感想です。

共鳴  マインドが出続けたり周りの音が気になったりしながら、在る

アイコンタクト  引き続きマインドが次々と出てくる、ただ気づいていることしかできないと思う



それでOKです。


受講者
瞑想  マインドに気づきながら途中から笑い出したくなりその感じが続いた

ハートの共鳴  生き生きした感じ、何かが活性化されているよう

立場を変えての共鳴  生き生きした生命の感覚が拡がっていく

立場なしの共鳴  一面に拡がって溶けていく



マインドが次々と出てきながらも、ただ気づき続けたことが、

後半の生き生きとした生命の感覚の広がり等に繋がっていきましたね。


受講者
今回印象に残っているのはどんなにマインドが出ようがただ気づいていることしかできない、

どんなことがあってもただ気づいているだけ、気づきがあるだけだという自覚です。



それ(気づき)だけが実在です。

そして、真の自己である純粋な気づき(在る、真我)そのものにできることは、

ただ気づいていること。

それだけですね。

そして、その中、

そのただ気づいているという究極にシンプルな中に、すべてが在ります。


受講者
先日遊園地でちょっと怖い乗り物に乗ったのですが怖がりながら同時に怖がっているのに気づいている、

また家族との出来事でマインドに巻き込まれながら巻き込まれていくのに気づいてる、ということが

ありました。


気づきは気づかれなくとも常にあるものですね。



体験を通したその理解はとても大きいですね。

だから、大丈夫でもあり、また、気づきは気づかれなくても在りますが、

気づきは気づかれることが喜びでもあります。

(気づかれれば、気づかれるほどその喜びは増していきます。)

それ自体が喜びそのものでもありますが、それに気づかれなければ、

それは無きに等しいとも言えますね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示