在るの中にはすべてがある

受講者
立場を変えての共鳴で気付いたのですが、自分はもともとおせっかいといいますか、人を気遣ったり気持ちをかけたりするのが嫌いではない部分がありますが、自分の中のその手のエネルギーが、立場を変えての共鳴のときに、わりと積極的に動くようだ、と感じました。



在るときに、自然に起こってくるものは、そのままでいいですね。
あなたが在るときに、そのような自然な力(愛)が働きやすいとも言えるかもしれませんね。


受講者
そういう、相手に対してエネルギーを注ぐ方向が動いた後、「ニュートラルな立場での共鳴」に移りましたとき、どういうわけだか・・・、母親が子供の旅立ち(巣立ち)を万感で見送るような(笑)、なんだか少しノスタルジックな愛のような感覚がやってきまして、自分にとりましては、初めての、予想だにせぬ感覚で、内心びっくりしてしまいました。
そんな・・・無空さんを前に、「子供の巣立ちを見送る感覚」も無かろうに(苦笑)、何を勘違いしているのか(笑)、場違いな意外さに困惑するような感覚でした。

「どんな感じですか?」との御質問に、困惑し、気恥ずかしく思いつつも、「何だか母親が子供を見送るような、不思議な感覚が来まして・・・」とそのまま申し上げると、
―――「在る」には、父親や母親の質もあります、それは「在る」の感覚の一面だと思いますよ。―――
というようなお答えを頂きました。

自分の中に、母親のような感覚を意識したことなど、生まれてこの方初めてのことで、意外な上にも意外でしたが、存在の不思議さ、と申しますか、思いもよらぬ感覚を体験させて頂くことができました。



在るの中にはすべてがあります。
真の自己(在る・真我・愛)には無限の素晴らしさ、未だ開いていない無限の可能性があります。
それは計り知れません。
まさに、存在の不思議と言ってもいいですね。
自己理解を深め、真の自己をよりトータルに知っていきましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示