マインドがなくなることで自由になるのではなく、本質的には、在るだけが在る、という理解が自由をもたらす

受講者
日常は、多様な現れに反応も起こりますが、
セッションは、理解の確認だけでなく、
今の段階の本来の私(自然)の共鳴時での確認、在ることの確認にもなります。
例えば、これまでは捉える感じでしたのが、在るの中に起こってくるという認識。
自然に日常に、いつの間にか静かに成熟して、映し出されていく(変容している)。
これまで質的に捉えていたことは、本質・本性となり、本性のまま(あるがまま)というのが全くの自由ということなんだろうと思います。
その時は、ただ在るさえも気にしていないように思います。



より核心へと進み、より自然、より本質的な在り方になってきましたね。


受講者
ですから、矛盾しているようですが、マインドのお話をしながら、自由でした。



はい、理解が進むとそうなってきます。
マインドがなくなることで自由になるのではなく、マインドやその他何があっても、マインドを含め、すべてものは、在るの中で、在るそのものとして現れている、本質的には、在るだけが在る、という理解が自由をもたらします。
在るは在るに拘束、制限されることはありません。
ひとつの視点からは、拘束、制限は、違う質を感じることによってはじめて可能になると言えます。
ただひとつのものであり、全体が同質、均質である在るには、絶対的な自由があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示