立ち位置、在り方、視点により、体験はまったく違ったものになる

受講者
今日のお話の中で、父の見舞いに行くにあたり、病室の前まで行って引き返したことなどお話し、自分の器の未熟さや葛藤を感じたお話をしましたが、「未熟だ、と取るのでなく、そのままを肯定することで、堂々といられる」というようなお話を頂き、ああそうか、と気付かせていただきました。



様々な立ち位置、そして、様々な視点から物事を見れるようになるといいですね。
その中でも、個人の視点の他に、在るの視点はいつでも忘れずにいたいものですね。
立ち位置、在り方、視点により、体験はまったく違ったものになります。
そして、その体験がまたその後の在り方にも影響していきます。
在るで在れば、あるがまま、これでいいという肯定体験を重ねることによって、その在り方はより確かなものになっていきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示