状況に合わせ、自分という個人と、自分という個人が~している。という思いや感じが、いつも自然に起こってきている

受講者
前回セッションまでの2週間からその後の1週間の約3週間は、仕事もプライベートもバタバタしていて生理前も重なり頭の中が賑わっていました

その最中に初めてのパン作りをしました

何度か失敗してようやく上手く捏ねることができたときに、自分がいなくなっていることに気づきました

体は勝手に動いている
それを見守っている真我がある
真我そのものでした



いいですね。
本当はいつもそうです。
その上で、この現われの世界では、状況に合わせ、あるいは状況とセットで、自分という個人と、自分という個人が~している。という思いや感じが、いつも勝手に(自然に)起こってきています。
それはそれは見事なものです^^
そのような理解があると、現われの世界でも、軽やかにあることができますね。


受講者
できたパンを仕事の仲間にあげました
裁縫とかお菓子作りとか、ものづくりが好きなんだねと言われましたが、好きとは違うなと思いました

上手く言い表せませんが

生き方 生活の一部 当たり前

根源的なもの エネルギー 命 悦び

と感じています

ものづくりの頻度が高くなったのもこう感じるようになったのもごく最近です

この種はもともと自分の中にあってセッションを重ねることでそれが育ってきて、ようやく芽が出てきたかんじがします

無空さんがおっしゃったように真我の創造の力です

大事に丁寧に扱いたいと思います



そのような姿勢は素晴らしいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示