真摯な姿勢、態度を養っていくということ自体が大切

受講者
先週からは、マインド(思考)が優位になっているようで、日々落ち着かないなーと思いながら過ごしていました。
(落ち着かない自分に気がついているのが、本当の自分でしたね。)
生活もばたばたしていたので、じっくり在るに取り組む時間も少なめでした。



括弧書きにあるように、なかなか在るを意識できないようなときには、そのときの状態に気づいていればOKです。
また、忙しいときはなかなか在るを意識するということに注意が向かないと思いますが、そのときはそのときなりのできる範囲で結構です。
意識できるときは意識するという姿勢、態度をあまり意識できない週があったとしても持ち続けている、そのような姿勢、態度を養っていくということ自体が大切です。

そして、姿勢、態度においては、ニサルガダッタ・マハラジが、「I AM THAT」で話しているようになってくると理想的ですね。

質問者
ヨーガの修練はつねに意識的なものでしょうか?
それとも気づきの境界下にあるまったく無意識的なものでしょうか?

マハラジ
初心者にとってヨーガの修練は、しばしば熟考され、偉大な決意を要するものだ。
だが、すでに何年も誠実に修練を培ってきた者たちは、意識していようがいまいが、いつも真我の実現を念頭においている。
無意識のサーダナ(修練)はもっとも効果的だ。
なぜならそれは自発的で、変わらずに続いていくからだ。

補足:そして、このような姿勢が素晴らしく養われている方は、真我実現後においても、その無限の深まり、広がりという点において、自発的な進展が素晴らしく続いているというのをセッションをしていて感じています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示