真実の道を進めば進むほど、幸せ、喜び、愛が深まり、無限に拡大していく

受講者
セッション後は、在るという存在感が更に高まってきたように思います。
今までも存在の色々な側面を感じてきましたが、どこかまだ信じられないという思いがありました。
ですが、今はもう隠すことができないと感じます。



あるところを超えるとそうなりますね。
これ(在る)以上のリアリティはありません。
こちらが主になっていくと素晴らしいですね。


受講者
真実の道を歩むこと、それはなんと幸せなことなのでしょう。



その道にあると、本質の部分で、そして、存在全体でそれが分かりますね。
真実そのものが至福です。
それは、もう隠すことができない本質的な幸せ、真の幸せですね。
その道を進めば進むほど、幸せ、喜び、愛が深まり、無限に拡大していきます。


受講者
では、前回の感想をお伝えします。

最初の共鳴が始まると、無空さんにぐぐっと引きこまれ、在るという存在性を強く感じました。
また揺らぎも感じたので、体感に引き込まれていたのですが、気づきに意識を向けると、空に包まれ、自然に在りました。



体感のあと、気づきに意識を戻されたのがよかったですね。
いつもそれに戻るよう習慣づけていると、それで在ることがより自然なものとなってきます。


受講者
アイコンタクトでは、遙か彼方に広がるものがありました。
無空さんのエネルギーが波のように入ってきて、少し浄化が起こりましたが、それはまた波として大海へ戻っていきました。
そこには軽やかな空がありました。



はい、真実はとても軽やかです。


受講者
瞑想では、無を感じました。
静かで深い喜びがどこまでも広がっていました。
これが私なんだと理解しました。



それそのものであることによる自己理解、とても大切です。


受講者
ハートの共鳴では、ぬくもりに満ちた愛がじわっーと四方八方に広がりました。
喜びの存在を感じました。



それは、喜びそのものでもありますね。


受講者
立場をかえての共鳴では、在るに全てを委ね、在るが為すことを見ていました。
これ以上ないくらいに自然に、あるがままに在りました。



進めば進むほど、自然、あるがままというのが、より実感を伴って分かってくるようになります。


受講者
ニュートラルの共鳴では、参照点なく在りました。



ただ在りましたね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示