統合

受講者
「統合は、成されてから統合されていくのでしょうか?」ということ。
無空さんのここ何度かのセッションと日常で「統合」の認識がなんとなく起こっていました。
けれども、なんとなく以前からあったように感じておりましたので、そのことの確認になりました。



あなたに関しては、以前から個人であって個人でない感覚があったということなどもありますので、統合の再認識という感じになるかもしれませんね。

また、統合という感覚も含め、すべてはもともと在るとも言えますので、それが開かれ、ただ自然にまるごと現れる。
その現われ方は、現われの世界で、ある意味、順を追って具体的に進行していく、展開されていく。
もともと非具象レベル、非顕現の領域に完全な形で在ったものが、現われのレベルで実現されていく、という視点がひとつあります。

それは、最終的に統合できるかどうか分からず進んでいくのではなく、すでに統合が元(種)として完璧な形であり、ただそれが順を追って、それぞれのプロセスの中で現われていく。
誰の、どんなプロセスも統合のプロセスの中にある。
あるいは、すでにある完璧な統合が、全ての人の今現在に、それぞれの形で現れている、という視点、見方、理解です。

(すでにそうである(完璧な形で統合がある)という点では既知であり、具体的にどのような形で展開され、現われるかは未知である。
無限の可能性があると言えます。)

無空庵の基本的な理解、視点、在り方、立ち位置は、すべてそうです。

すでにそうである。

ただそうである。

すでにそれは(まるごと完璧な形で)在る、実在している。

それ以外ない。

ただそれが様々な現われ方をしているということです。

すでに真我であり、すでに愛である。

愛だけがある。

はじめからそうである。

その本質においてはすでに救われている。

はじめから救われている。

だから、絶対安心、

絶対安全、

絶対大丈夫

ということです。

通常、真我(純粋な気づき・在る)の感覚の自覚と理解がなく、マインドに巻き込まれている場合は、ラマナ・マハルシも言っているように、一度、真我とマインド、変わらないものと変化し続けるもの、現れては消えていく儚いものとを区別し、巻き込まれ、同一化していたマインドから離れ、真我(純粋な気づき・在る)を自覚、認識できるようになり、マインドや感情に気づいている真我(純粋意識・純粋な気づきそのもの)の方が本当の自分であるというところに確立できるようになる必要があります。

真我の立ち位置に立てるようになることで、

(真我に気づいていても、個人の立ち位置にある場合も多いです。
無空庵で表現している「真我を知っている“個人”」ですね。)

悟後の修行が進み、マインド(自我・個人)の浄化、純化、透明化がなされていき、それまで真我と区別していたマインドやその他の現われもまた真我の現れであり、すべては真我である、真我だけが存在するという視点が確かなものとして開かれていきます。

(一時的な体験はその前にもあります。悟りの一瞥等言われるものです。)

それまで区別していたもの、現われているすべてとの統合のプロセスが進んでいきます。
真我が自然なものとして日常で生きられる真我実現のプロセスとしては(これをそのまま統合のプロセスと言うこともできますが)、存在レベルで真我に確立しながら、同時に、その質が徐々に細胞レベルや、思考、感情、言葉、行動等へと浸透していきます。

ただ、真我の質が、思考、感情、言葉、行動レベルに浸透していくからと言って、まったく別人のようになってしまうわけではありません。
中には、かなり外側での表現も変わる方もいるかもしれませんが、外側での表現にそれほど大きな変化がない場合もあります。
それでもその質は、純粋で、自然なものとなり、軽やかであったりするようになります。

内的な感覚としても、まったく変わってしまったという感覚があると同時に、日常で起こっていることなど以前と何も変わらないという感覚もあります。
必ずしも外側で特別な変化、劇的な変化が起こるというわけではありません。
(中にはそのようなことが起こる場合もあるかもしれませんが。)
ただ、以前はマインドに巻き込まれ、その視点から世界を見て、苦しみや問題の中にあったのが、世界を在るがままに見れるようになり、そこに今まで気づかなかった美しさや調和や愛を感じ取れるようになったり、現象的な変化に左右されない内的な平和や幸せ、ただ自分自身(真の自己・真我・愛そのもの)であることの安らぎや幸せが在るようになります。

また、「なんとなく以前からあったように感じておりましたので」ということですが、それがすでに開かれ、ある程度自覚されていたという場合もありますし、前述したように、もともと真我はそれを再認識する前(覚醒する前)からあり(その中には統合という質も当然含まれています。)、再認識後に、はじめて開かれ、しっかり自覚されたにも関わらず、それは以前からあったという感覚になる場合もあります。

あなたの場合は、理解はまだ十分ではなかったけれど、すでに自覚があったという前者のタイプだと思いますが、再認識したとき、またその後に、統合や愛、その他の質も、新鮮さと同時に、これなら前から知っている、この感覚は以前からある、という感覚、認識が起こることがあります。

セッションでの変容後に、その前の状態を忘れてしまう場合もあり、真我の再認識と同様に、ずっとそうだった(ずっと変容後の状態だった)という感覚にもなることがあります。
(そういう意味でも、感想や記録等書いておいて頂くと、ご自身の変化のプロセスが認識できるのでいいです。)
このようなこともひとつの理解としてもっておかれるとよろしいと思います。

あなたの場合は、「真我実現」という感覚、理解と同時に、「控えめ」という質を強く感じ取られていますので問題ないですが、マインドがトータルに成熟するまでは、謙虚さを持ち続けるという意味でも、上記のような理解をもっていることも大切ですね。

そして、愛や統合感覚、その視点、理解について、これなら前から“在る”、前から“知っている”という感覚に基づいた、それの実践、実現、その応用が、日々の生活、日常、一瞬、一瞬どう在るかということになります。
そのような実践により、日常、世界の中、現われている真我の中に、さらに、再認識され、より確かさを持った真我、愛や統合の質が浸透、実現されていきます。
現われの世界は、そのようにして変わっていきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示