同じ覚者の本を読んでいても、その捉え方、理解度、意識が向いているところは千差万別

受講者
最初の共鳴

「何も.....」

何が「何も」なのか、何に対して「何も」なのかはわかりませんが、「何も....」

「付け加えるなら、何も問題ないとか、大丈夫とか、そんな感じかもしれません。」と無空さん。

これでいい も だめ もない

「何も...」

で気付いたのが、今まで感じていた「これでいい」には、微細な「これじゃダメ」が含まれていたな~と思いました。
無空さんの言う「これでいい」とは微細な違いながらも全然別もの!でした。
今感じる「これでいい」は本当の「これでいい」です。
っていうより「何も...」の方が今の感覚にピッタリです^^



「何も...」もとてもいいですね。

また、今回気づかれたように「これでいい」と書いても、皆さんの捉える「これでいい」は、ある意味、全員違います。
それは、それぞれの今在る立ち位置、存在全体の純度、成熟度、理解の深さ、明晰度等によります。
同じ覚者の本を読まれていても、その捉え方、理解度、意識が向いているところは本当に千差万別です。
これは無空庵のブログに関しても同じです。
準備ができるまでは、何度書いていても、注意が向かないところもありますし、理解もその方の立ち位置からの理解でしかありません。
また、同じ方向の理解でも、深さにそれぞれ違いがあります。
これは、経験されている方も多いと思いますが、ひとつシフトしたとき、理解が深まったときにはじめて分かります。
ですから、ブログや覚者の本を読まれている方は、ご自身の理解は、今在る立ち位置での理解という認識を持たれ(もちろん、その理解はその方にとっての今現在の真実です。)、謙虚に在ることができるといいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示