存在のトータルな浄化には、浄化しようとしている個人そのものが浄化、純化、透明化される必要がある

受講者
今回無空さんとの共鳴中に湧いてきた問いは、浄化はしようとしてするものなのか?

それとも自然に起こるままに起こるにまかせるものなのか? というものでした。

(絶対なる視点からは物事はすべて起こるべく起きていっているという理解はありますが、それをふまえた上で聞いてみたくなったのです。)



括弧書きにもあるように、視点によります。
(あるいは、そのときの立ち位置や状況等にもよります。)
在るの視点からは、すべてはただ起こっているです。

(努力や頑張り、そして、浄化しようとすることも、ただ起こっています。
浄化しようとする者は個人です。
浄化しようとする者がいなくて、ただ浄化しようだけがあり、それが起こっているならば、それは純粋なものです。
存在のトータルな浄化には、浄化しようとしている個人そのものが浄化、純化、透明化される必要があります。
フーマンが言っている「主体がワークされる必要がある」ということです。
個人がいる間は、ひとつひとつは軽くなっている“よう”でも、根本的な解決にはなっていません。
問題はまた形を変えて起こってきたりする可能性があります。)

書かれてある問いは、存在全体が純化、統合され、真にご自身でそう在れるようになってはじめて分かるようになるものとも言えます。

なぜなら、その前は、どうしてもマインドが混じってしまうことがあるからです。(実践にも、お応えした内容の理解にも。)

真の在るがままとマインドの在るがまま、マインド混じりの在るがままは、また違いがあるとも言えます。

セッションと、そして日常生活の実践の中で体験を重ねて行くことにより、より純化、洗練、統合され、より的確な在り方ができるようになっていきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示