何度もそこに戻り、本質を思い出すことが大事

受講者
今週はマインドが引き続き混沌としていました。
また、今まで他人から認められたいという気持ちが原動力となって生きてきたのですが、自分で認めればいいということに気づき、だけど、すぐには受け入れられません。



ただそのことに気づいていて、自然に受け入れが起こるのを待ちましょう。
在るは、いつも瞬間、瞬間において、すべてを認めています。


受講者
(マインドが)なので、マインドは今とっても無気力な感じです。
朝は本当に辛くて、会社に行きたくないのですが、体が歩くので、それについていっている感じです。



全体としては、会社にいくということが起こっているということですね。
思考、感情にはただ気づいていて、体がどう動くかも含め、トータルでどのように起こるか見ていましょう。
在るがまま、起こるがままで在りましょう。


受講者
日々の自分の一人共鳴では、在るは愛を感じるところだった!ということを思い出しました。
少し忘れていたようです。



何度もそこに戻り、本質を思い出すことが大事です。
何度も思い出すことで、ひとりの現れた存在の中で、あるいは、ひとりの現れた存在を通し、それはより確かなものになっていきます。


受講者
無空さんとの共鳴では、後半で嬉しいとか楽しいとかを感じました。
マインドは混沌として無気力なのに在るではそういうことを感じていました。



太陽はいつも変わらずにあり、その下の天候はそのときどきで様々であるということです。
マインドの状況に関わらず、在るは至福そのものです。
それが同時にあるのは、まったく不思議ではありません。
在るの方にしっかりと落ち着き、全体を包み込めるような感じになるといいですね。
また、それが進むと、マインドも含め、すべてが在る(愛)であるという認識も可能になってきます。
海(在る・愛)と波(マインド等現われのすべて)の例えがよく使われますね。


受講者
今週はそんな感じです。
日々の在るを積み重ねて過ごしてみます。



その積み重ねが何よりの力になり、変容を促します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示