そこに注意を向け続けていくと、その素晴らしさがどんどん分かるようになってくる

受講者
数少ないですが、「共鳴」や「真我」の話を私からしている友人・知人(私の昔の在り方から現在を知っている人です)がいます。

みんな、「何か」を知っているように思えます。
でも、以前の私のように「微かなこと」は否定しているようにも思えるんですね。



普遍的なもの、もっとも大切なものは、ある意味、そのような(「微か」、「静か」、「密か」、ひとつの視点からは「波立っていない平ら」、「不動・不変的」な)在り方をしています。
そこに注意を向け、それが大切なものだと分かると、それはこれまで以上に見つけやすくなります。
さらに注意を向けていくと、その素晴らしさがより分かるようになってきます。
そして、さらに注意を向け続け、その真の価値、素晴らしさを深く実感し、それが真の自己であるという理解と受け容れを進め、深めることができれば、それは存在の土台、存在の柱、さらには、存在そのものとなり、それ以上確かなものはなくなるでしょう。
すべての背景にはそれが在り、あるいは、現われをも含めたすべてはそれで在り、それは問答無用で絶対的に在るようになるでしょう。
(在ることの、さらには、それが現われのすべてに浸透した)喜びや愛、幸せや平和、自由(自らに由ること・真の自己に由ること)は、絶対的なものとなるでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示