在るがまま

受講者
最近は、ほんとうに思考、感情との隔離感が強く、それらが空間(厳密に言うと空間とも違う感じですが、それ以外にいまはうまく言い表せません)としての自分、意識の広がりを通り過ぎていくのを感じます。


変わらない空、変わらない真我、変わらない在る、遍在し、すべてを包んでいる意識(愛・全体・広がりそのもの)の感覚の方がよりしっかりしてきていて強くなっている状態ですね。
立ち位置がしっかりそこに在る、それそのもので在るという感じだと思います。


受講者
まったく同化しないかというとそうではなく、同化しながら、同化されている自分を意識しているといいますか……

腹が立ったり、あせったり、疲れたりということはふつうにありながら、それが全体の愛のなかで起こっているということをどこかで知っているといいますか。

そんな感覚です。



とてもいいですね。
そして、その在る(全体・愛・真我)の視点から分かるのは、腹が立ったり、あせったり、疲れたり、ということもただ自然現象として起こっているということ、さらには、実は、これまでもずっとそうだったということです。

それを自分のものとして所有し(私の思い、私の感情、私の言葉、私の行為など)、価値判断したり、何とかしようとするのがマインドであり、そこから私物語がつくられ始めます。

在る(全体)の視点からは、腹が立つ、あせる、疲れる、というのは、雨や風や雷などと同じように、自然現象としてただ起こっています。

それをそのままにしてただ気づいていれば、雲が行き過ぎ、晴れ間が戻るのとまったく同じように、怒りやあせり、疲れなどは自然に収束し、何事もなかったかのようにいつものクリアな意識状態が戻ってきます。

そしてまた、前述のように、それを全体(愛)の中で起こっている自然現象としてではなく、個人のものとして捉えてしまうのがマインドですが、在る(全体・愛・真我)の視点からは、それすらも自然現象です。

それはそのように、あたかも個人のものであるかのように感じられるものなのです。

全体、自然、宇宙的な力(愛)がそのように感じさせています。

それもとても自然なことです。

そのように、変わらない普遍的な全体(愛)と、そして、その全体(愛)の中で働くその力(愛)、その中で起こリ続け、千変万化し変わり続ける自然現象(愛)等の理解(愛)が進んでくると、在るがままで在り(愛)、起こるもの(愛)を起こるがままでいさせてあげること(愛)ができるようになってきます。

そして、逆説的でもありますが、そのような在り方、そのような見方ができるようになってくると、自然に変容するものは変容していきます。

そして、そのままなものはそのままです。

やはり、在るがままです(笑)

すべてはどう在るか、どう見るか、どう見えるか、それによって変わってきます。

在る(全体・真我・愛・純粋意識)はただ一つの実在であり、それは変わることはありません。

ですから、ひとつのシンプルな言い方をすれば、すべては単に、在り方、立ち位置、視点の違いだけ。
それだけです。

実在はひとつ。究極の真実、究極の事実はひとつです。

そして、そこに無限の視点、無限の可能性、無限の体験、無限の感覚、無限の理解が含まれています。

ただひとつだけあるものをここまでと限定できるそれと異なるものは存在しません。

それは、ここまでと限定できない、無限の広がりそのもの、永遠の広がりそのもの、純度100%、まったくの純粋、均質、等質である無限の広大さ、無限の深遠さ、無限そのもの、永遠そのものです。

個人を純化し、全体(在る・真我・愛)を理解し、それが本当の自分であるという受け容れが進んでくることにより、個人感覚からより自由になっていきます。
それ(個人感覚)は、この関係性の世界の中では必要に応じて自然に起こってくるものであり、そのことにより、無限の触れ合いが可能となります。


それは、海(全体・真我・在る・愛)の中で起こる波(部分・個人・自然現象)と同じようなものです。
そして、純化された個人は何の問題もつくりません。何にも引っかかりません。それは透明な波であり、海に無限に美しい多種多様な表現、体験、味わい、自己理解を与えます。
それは、海そのものにとって、とても大きなよろこびです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示