大事なのは、主体が、個人であるか、真我(在る)であるか、ということ

受講者
前回のセッションで印象に残っているのは、

「自分自身も在るであると感じますか?」

という無空さんのご指摘でした。

外側から感じる「在る」は、よく感じ取れるのですが

そういえば、自分自身そのものが「在る」という感じは

意識してみてから「あぁ、在るな」と気づけるもので、

それだけ、私の(私たちの)意識は

外に注意を払うことが普通(習慣)になってるんだなと思いました。



そうですね。
通常は、意識は外側のものに注意が向くのが習慣になっています。
その意識がどこにも向かわず、その場に在り、それ自身に気づいたとき、それ自身にトータルに気づき、それが腑に落ちたとき、それが覚醒と言ってもいいですね。

あなたの場合は、すでに、それ自身である「在る」については気づき、知っています。
今回のように、意識してみればいつでも戻れる、それそのもので在れるという状態ですね。

そして、これからは、それそのものに何度も戻り、それそのものである体験を重ね、個人が主体である視点から、より真我(在る)が主体である視点へとシフトしていけるようになるといいですね。
(外に注意が向いているときでも大事なのは、その注意を向けている主体が、個人であるか、真我(在る)であるか、ということです。)
本当の自分は、真我(在る)であるという自己理解(自己認識)と受け入れを深めていきましょう。
個人との統合をさらに進めていきましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示