在るにとっては、すでにすべてはそうであり、すべてを待ちながら、同時に何も待っていない

受講者
~ハートの共鳴~

やさしさ、いたわり、包容力そのように表現されています。
ハート自身は待つことが苦でないようです。
待つことは、待っていないかのごとくです。
無空さまが、セッションでおっしゃった、「見守る」であり、「見守られ」てもいました。



「待つことは、待っていないかのごとくです。」

これは名言ですね。
ハートはそのように在ります。

ハートは無限に、絶対的に、永遠に待つことができます。
それがすべてを変容させ、真実を気づかせ、そして、真実をより真実にしていきます。

その自然で絶対的なハートの在り方は、まさに待っていないかのごとくです。

そのようにハートは、すべてを支え、すべてを見守り、すべてを育み、すべてを包みながら、大きな愛ですべてを待っています。

待てない人は個人が動いてしまいます。

真に待てる人は、全体(自然)が動くまで絶対的に待つことができます。

そして、全体(自然)が動かなければ、永遠にでも待つことができます。

自然(全体・愛・在る)と一体となった人、自然そのものとなった人はそのように在ります。

その人にとっては、すでにすべてはそうであり、すべてを待ちながら、同時に何も待っていません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示