ただ在ること。それが究極の愛

受講者
今回
本当に
感情が動くことなく聞いていたのが
自分でもびっくりしましたが
真実と
愛が近いとおっしゃっておられましたね



ここは話の展開からそのような言い回しになったかもしれませんが、

真実=愛

です。

愛がすべてで、すべては愛ですから、真実と愛は違うものではありません。

愛が真実でなくて、何が真実でしょうか。

同じひとつであるもの、すべてであるものの違う側面くらいに捉えていらっしゃればよろしいと思います。


受講者
あれ~
では
男女の愛って?
愛を感じるとか
感じないとかっていったいなんでしょうね~(^0^)



男女の愛も、存在(真実)の愛の現われです。

愛を感じること、感じないということも、両方、存在(真実)の愛の現われです。

ポイントが分りますか?

それは森羅万象に共通する普遍的絶対本質です。

存在(真実)の愛は、現われのすべてを支え、また、現われのすべてとして現われています。

それは、男女の愛、グルへの愛などに限定されるものではありません。

それは、絶対無限であり、定義不可能、限定不可能です。

それをマインドで知ることはできません。

それは、ただそれで在ることによる直知でのみ知ることができます。

全部が、「愛」です。

それが一元性です。

それが真実です。


受講者
グルとしての
愛を捧げますと書きましたが
これは
わたしの
真実に
そむくことなく
愛に
愛をささげますです~
やはり
少し感情よりでしょうか~(^0^)



ただひとつの愛、絶対レベルの愛が相対世界に現われたときにそのような形をとることもあります。

愛に愛をささげます~ はとても素晴らしい姿勢ですが、まだ二元性が残っています。

愛に愛を捧げる者が愛に溶け、愛そのものであることを思い出すことが大切です。

愛は存在そのものです。

在るが愛です。

在るという中に、愛に愛を捧げるということも含まれています。

ただ在ること。
このシンプルで究極の愛を実現していきましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

導きに感謝します

のびのびさん はじめまして。ゆかりと申します。
私は本当に幸せになりたい!と思ったときから悟りに興味をもちはじめました。
私のマスターの師匠の無空さんからのご縁で、この1ヶ月間集中してずっと、のびのびさんのブログや、無空さんとのやりとりを読ませていただきました。
私は定期的にセッションを受ける環境になく、本を読んだり、時々の共鳴のワークショップを受けています。
自分の意識の変化にとても戸惑うことや不安や疑念に襲われることがあり、正直これでいいのかな…やめてしまいたい、でももう進むしかない…と苦しい時期がありました。
のびのびさんの意識のシフト、意識の向け方の表現がとても親近感があり、わかりやすく、私にも当てはまる部分が多くて、これでいいんだ!と確信がもてました。
このように、ブログという形で残し、表現してくださり、本当に助けられました。どうしてもお礼が言いたくなり、こちらにコメントさせていただきました。
長々と失礼致しました。ありがとうございます。

Re: 導きに感謝します

ゆかりさん

こちらこそ、はじめまして。
コメントありがとうございます。

こちらのブログで師の言葉をまとめることやセッションの感想を書くことは、私にとって、とても大きな学びになっています。
その学びが、ゆかりさんのお役に立てたというのは、とてもうれしいことです。
コメントを頂き、本当にありがとうございます。

> これでいいんだ!と確信がもてました。

本当によかったですね。
何より、ゆかりさんの真剣さの賜物ですね。

これからもどうぞよろしくお願い致します。


プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示