始まったものは、終わる

受講者
2年間続き、4月23日に突然終わった無気力状態ですが、一応後戻りすることなく、終わったままです。
有り難いことです。



やはり始まったものは、終わりますね。
始まりのないものだけが永遠です。
それが真我です。


受講者
その前後で変わったことと変わらないことがあります。

変わったのは、
食べる内容(甘いもの、アイスクリーム、お菓子などをあまり食べたくなくなった)、
睡眠時間(昼過ぎまで半日寝ることが無くなった)、
瞑想をしたとき、共鳴の時のように静かで、微細なエネルギー状態になりやすいことです。



真我の本来の輝きを覆っていた大きなマインドが落ちた、大きな浄化が終了したという感じですね。


受講者
変わらないのは、
心の中に何かやりたい・食べたい・なりたいという欲求がない、出てこないこと、
心の中が空っぽで、マイナスの内容(感情、気分等)がない代わり、プラスの内容もないこと、
気づきがあり続けること、などです。



何かやりたい・なりたい等の欲求がないというのは、もうかなりマインドが成熟しているとも言えますね。
何かやりたい・なりたいがないとき、在ることに専念できます。

また、心の中が空っぽで、マイナスもプラスもないとのことですが、それはニュートラルな状態に在るとも言えます。
それは自然体で、ある意味、もっともエネルギーが高い状態(潜在的に。必要に応じて、必要なだけ自然にエネルギーが発動する。)とも言えます。
空っぽが進んでいくと、その中に充実感や活力、躍動性等も感じることができるようになるでしょう。

気づきがあり続けるということに気づかれているのもとてもいいですね。
それだけが変わりません。
それが真のあなたです。


受講者
セッション後:気づきを意識するとエネルギーが上がったりと、好調な感じです。



大きなものが落ちたようですから、ある意味、これからが真のスタートとも言えます。(常にゴールでもありますが。)
気づき・在るというゴールに(目覚めていながら)くつろぐこと、くつろぎそのものであることで、それは自然に進んでいきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示