在るために在ること

受講者
無空さんがおっしゃった、何かを変えるためではなく、「ただ在るである」それが大事ということがとても参考になりました。



はじめる動機は、そこから(内側でも外側でも何か状況等を変えるため)でもかまいませんが、真のトータルで深い変容には、他の付随的な目的、条件など、ある意味、不純物がまったくつかない、純粋さがとても大切です。

ただそれだけのためにそれで在ること。

在るために在ること。

ただ在ること。

その究極の単純さ、究極の素直さ、究極の純粋さが、超えられないものを超えていくことを可能にします。

実現不可能なものを実現することを可能にします。

その在り方の純度がとても大切です。

(それぞれのステージ、プロセス、状況、環境に応じて、無理なく、徐々に、純度、透明度を増していけばOKです。
それは、それぞれの今、今この一瞬をあるがままにただ気づいていることから、自然に進んで行きます。)

私は、純粋さでは誰にも負けない、それだけの純粋さを持っている、ではだめです。

この純粋さを所有している「私」が、純粋さの中に溶け去り、純粋さそのものとなることが必要です。

99.9999・・・・%純粋と100%純粋の差は、無限ほどの開きがあります。

一千億年という時間の長さや、宇宙が何回生まれ変わるか分らないような時間の長さも、永遠に比べれば無に等しいです。

真我の単位は、1年でも、10年でも、100年でも、100万年でも、一千億万年でもなく、永遠です。

それは、真我の絶対単位です。

それは、長さではありません。

長さを超えたもの。

すべての概念、現象を超えたもの。

永遠、不滅、絶対性、全体性、純粋性、普通性、普遍性、純粋な存在性、純粋な主観性、真の実在性、今そのもの、無限の愛・・・

私たちを通し、それを実現することが可能です。

それ(真我・在る)は、実現する価値があるものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示