究極の幸せ(変わらない幸せ)とは?

究極の幸せとはどのようなものでしょう。

究極は、幸せになりたい、幸せでいたい、というマインドがなくなることです。

マインドが浄化され、個人でいないとき、あなたは幸せそのものになっています。

幸せそのものになっているとき、幸せになりたい、幸せでいたいとわざわざ思いません。

人間であるときに、人間になりたい、人間でいたいと思わないのと同じです。

健康なときに、それを意識しないように、幸せであることが自然な状態です。

マインドが浄化され、成熟していないと、その平穏に絶えられず、またアップダウンの激しい幸と不幸が隣り合わせのドラマを創り出します。

普通であること、ただ在るということの中に、無限の価値を見出せるマインドとハートの成熟が必要です。

普通であること・ただ在るということ・無・ゼロの中に無限を見、また、無限の中に無・ゼロ・普通・ただ在ることを見るハート・真眼が育っていなければなりません。

本当の自分は何者であるのか、または、本当は何者でもない(個人ではなく、無・ゼロ・無限の可能性・愛・幸せそのもの)という深い理解が根づいていなければなりません。

究極の幸せ状態は、熟睡中と同じで個人が存在していない状態、存在そのものの状態です。

でも、すべての人は、日中でもその状態にあります。
(ずっと個人を意識しているわけではありませんので。)

ただ、そこに焦点があっていなかったり、マインドに覆われていたり・・・。

それであっても理解が伴っていないのと、習慣によりそこに留まれない、外側の刺激の強いもの、色や形のあるもの、五感を楽しませてくれるものにばかり感覚が慣れているので、それをしっかり捉えられていないだけです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マインドが浄化され、成熟していないと、その平穏に絶えられず、またアップダウンの激しい幸と不幸が隣り合わせのドラマを創り出します。

普通であること、ただ在るということの中に、無限の価値を見出せるマインドとハートの成熟が必要です。

・・・・・・共鳴が起こってます 

No title

flowさん

共鳴が起こっていますね^^


最近、本当に実感しているのは、浄化を繰り返すたびに、「在る」がより確かなものになっていくということです。

日常で、意識がどんどんクリアになっていくのを感じています。

「在る」の深まりは本当に無限なんですね。

深まるほどに幸せ、喜びが増していくという師の言葉がよく分かります。

本当に、「在る」だけ、気づいているだけでとても幸せです。

すべての体験が、恩寵だと感じられるようになりました。


ありがとうございます。

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示