進んでいるステージでのマインドの罠

受講者
以前よりとてもシンプルで軽くなっているけれど、真我に対して真摯さが薄れてきているように感じます。
セッションでも怠慢気味で・・とお話させていただいたことがあったと思いますが、在ろうとすればいつでも在ることができるという安心感で甘えが出てきているように思います。
在るを都合よくマインドが利用しているようです。



在るが当たり前になってきてから、働いてくるマインドですね。

ちょうど、他の方のセッションでも、同じような話が出ていました。
在るで在ることに、慣れてきた、という言葉が出ていましたが、在るがある程度定着し、自然なものになってきてから、巧妙に忍び寄り、いつのまにか主導権を握ってしまうマインドですね。

在るが、自然で当たり前になることは素晴らしいことですが、それは同時に、いつも新鮮で新しいものです。

その新しさがいつもあるかどうか、というところも確認されていくといいかもしれませんね。

進んでいる方には、進んでいるステージでのマインドの罠というものがあります。
今回、それに気づけたのはよかったですね。

当たり前に在るもの、当たり前になってきたものをどうしてもマインドは軽視しがちです。

もっとも大切なものが、当たり前に在ってくれることがいかにありがたいことか、いかに奇跡的なことか、それを忘れないようにしたいですね。

そして、在るは、“いつも新しい”です。


受講者
この怠惰なマインドをどうにかしようと自分を律したくなりますが、やはり私にできるのはただ“在る”ということだけですね。
やはり・・それしかありません(笑)
どう考えてもそれしかありませんでした。



その辺はしっかりと身についていますね。
ですから早めに気づくことができ、必要以上に巻き込まれるということも防ぐこともできたというところですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示