戦っていることが起こっていることに対して戦わない、抵抗していることが起こっていることに対して抵抗しない

受講者
ホームポジションである「在る」に戻ろうとしましたが、マインドからはなかなか離れられませんでしたので、とにかくそのままにして、そのなかにいました。



それはよかったですね。
なかなか在るに(焦点が)戻れない時は、そのままで在ること、そのままでただ気づいていることがベストです。
どこかへ行こうともせず、何かをしようともせず、その場でただじっとしていることですね。


受講者
一方には「全体でありたい。愛でありたい」という思いがあり、もう一方で「いや、不当に扱われた。おまえは負けた。へつらった」と、マインドが主張してきます。
そのせめぎあいがしばらく続きました。
ほんとうは、気づいてるだけ、放っておくだけで、戦ったり抵抗したりしないほうが効果的だとわかっていたのですが、そのせめぎあいに任せておきました。



ポイントがわかってきましたね。
せめぎあいに任せておいたということが、戦ったり、抵抗していないということですね。
真の戦わない、真の抵抗しないということは、戦っていることが起こっていることに対して戦わない、抵抗していることが起こっていることに対して抵抗しないということです。
最終的な立ち位置がどこに在るかが大切です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示