色即是空、空即是色

受講者
今日、面白い感覚があったのです。
仕事をしていて、ふと、あ。わたし、空の現れで仕事してないな。と。
そう感じました。
マインドが仕事をしている。



そうです。
空(真我・在る)は何もしていません。
そこにはただ行為だけがあります。
マインドが、体が勝手に仕事をしてくれています。


受講者
ほうー。なら、空が純粋に現れとして私から現れたら、どんな現れになるのだろうな。私は、これと同じ事をしているのかな。で、内側が違うのかな。それとも、と。



よい視点ですね。
そして、さらに、先日、ブログでもご紹介したセイラー・ボブ・アダムソンさんがその本「ただそれだけ」で言ってる参照点である私(個人)から真我(空・在る)そのものへと、認識、自己理解という点で、少しずつ主体、立ち位置を変換していけるといいですね。
あるいは、私(個人)=真我(空・在る)となっていくといいですね(色即是空。こっちの方が個人にもやさしく、且つ、トータルかもしれません。)。

個人は、絶え間なく変わらずに在る真実ではなく、その都度、必要に応じて起こってくる、あるいは、空即是色で、空が即座に個人となる、自然現象です。
または、空の中に常に個人があり(すべてがあり)、そして、個人として現れている時もそれは空であるというような理解でもいいですね。

我はそれなり、汝はそれなり、これすべてはそれなり。
色即是空、空即是色。

すべては空で、それがそのまま多様性として現れている、空である本質は常に変わらず、必要に応じて、その姿形は様々に現れている、即座に変換されているという理解です。

そして、姿形あるものも消えたわけではなく、ただ本来の自然な状態、ニュートラルな状態に戻っているだけであり、必要があれば、即座にその姿形をいかようにでも現わす、即座に変換される、でもその本質は依然として空のままであるという理解もいいですね。

空である本質は変わりませんが、個人である現れの部分は常に変化します。
問題が起こるのは、自分自身が空であるという本質を忘れ、個人の部分にだけ捉われてしまった時です。

あなたの本質は、絶え間なく在り、不変不滅、すべての源である真我・在る・愛そのもの・幸せそのものである空です。


受講者
さて、さて、また忙しくしていらっしゃるあなたに、沢山沢山、独り言を書きました。
書いていたら、ご機嫌になってきました。



意識を向けて頂くとすぐにつながりますので、気が向いたらいつでもどうぞ(笑)。


受講者
お昼からも頑張ります。
よい空気をまとえますように。



空そのもので在りましょう。
同時に個人としてあっても構いませんし、個人がなくてもどちらでもOKです。
空が主となっていれば、自由、平和、喜びはとても大きなものになります。


受講者
空のはからいに感謝です。



自分自身ですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示