「在る」とは?

本当の自分を表す言葉を前の記事でお話しましたが、このブログでは、「在る」と言う言葉が一番よく出てくるようになると思います。


「在る」とは、



「私は在る」という存在感覚、リアリティです。


また、別の表現をすれば、自分自身への気づきです。

意識が自分自身(純粋な気づき、純粋な意識である本当の自分)に気づいていることです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

意識が自分自身に、、の意識は
純粋意識(本当の自分)とは別ですか?

教えて下さい。

Re: No title

らんさん、ご質問いただき、ありがとうございます。

『意識が自分自身(純粋な気づき、純粋な意識である本当の自分)に気づいていることです。』

この文章についてですね。

この文章の「意識」と「純粋な意識」は同じです。
少しわかりにくい表現だったかもしれません。

ここから、本当の自分(真我)=自分として、もう一度説明します。

「在る」とは、自分が自分に気づいている(自分が在るということに気づいている)状態、感覚です。

自分とは、純粋な気づき、純粋な意識です。

ですから、

純粋な気づきが、純粋な気づき自身に気づいている。
純粋な意識が、純粋な意識自身を意識している。

ということになります。

意識は、普段外側に向いています。
その意識を自分自身(意識自身)に向けることが「在る」です。

個人、世界は幻想です。
真実は、本当の自分(真我)だけが在ります。
そのリアリティに気づいているということです。


(通常、「意識」という言葉は、様々な意味で用いられますし、マインド的なものもそれに含まれる場合があります。
「純粋な意識」が本当の自分(真我)です。
混乱を招く表現だったかもしれません。)

今後とも、よろしくお願いいたします。

No title

ご返答 ありがとうございます。

意識は、普段外側に向いています、、の意識も純粋意識ですか?
そして この純粋意識だけが真実でその他のすべては幻想ということになりますか?

在る、、は そんなに難しく感じませんが
こんなに簡単で普通なのが真我なんですか


度々 質問ばかりで申し訳ありませんが 教えて下さい。

Re: No title

> 意識は、普段外側に向いています、、の意識も純粋意識ですか?

そうです。
純粋意識です。

> そして この純粋意識だけが真実でその他のすべては幻想ということになりますか?

そうです。
何が起こっても絶対に変わらないものが真実です。
起こっては消えていくものは幻想です。

> 在る、、は そんなに難しく感じませんが
> こんなに簡単で普通なのが真我なんですか
> ?

真我には、様々な側面(質)がありますが、その中に、普通、自然、当たり前という側面(質)もあります。
真我は、決して、神秘的なものでも、特別なものでもありません。
それは、ずっと自分の核、背景として存在していて、違和感などなく、とても自然なものです。

マインドの浄化と成熟が進み、真我(本当の自分)が自然に生きられるようになると、その普通であることの中に、無限の価値を見出せるようになります。


本来、マインドを超えたところにある真実を、言葉で表現することはできないものです。
また、言葉は使い方、使う人により、ニュアンスが違っていたりしますので、ハートで感じる、エネルギーを感じるというようなスタンスで読んで頂けるとありがたいです。

ご質問いただき、ありがとうございました。
プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示