【コメント欄より】ただ在ってください。

今回は、ひとみさんから頂いたコメントとのびのびの返信を、参考までにご紹介させて頂きます。
(コメント欄からの転載です。)

**************

ひとみさん

コメントありがとうございます。

> のびのびさん♪ おはようございます。
> 今日もまた きちゃいました。(*´∀`*)
>
> すみません。
>
> ~昨日の日記です。~
>
> 幼いときから 気分の起伏が激しい子と言われていた。
>
> たしかに そうだった。
> 感情が 穏やかになったり イライラしたり
> とにかく起伏が激しい子だった。
>
> あるとき「これではいかん!」と思い 「よし!直そう!」と思った。
>
> ※今気づいた。この「直そう!」が しっかりマインドじゃん(*´∀`*)ということ。
>
>  直そう!としなくても良かったんだなぁ~ 見てるだけでよかったんだなぁ~
>
>
> 特に寝起きの気分が 最高に悪かった。
>
> ※これも今から思えば 真我から自我へのシフトだもん 機嫌が悪くなるよなぁ~~

すべては、ただそうであるだけです。

必要なことが起こっただけです。

そして、より深い視点から見れば、すべては幻想であり、本当は何も起こっていません。

この理解を揺るぎないものにしていくことが大切です。

>
>
> で、昨日(日曜日)も 夫に嫌悪感を感じた。
>
> 「う”っ 嫌だーーーー」
>
> お?嫌だ!と感じている「私」がいる。
>
> ん?リラックスできない「私」がいる。
>
> あ?気をつかっている「私」がいる。
>
> おまけに『そんなんじゃダメじゃん。夫に優しくしてあげなきゃダメじゃん』と言ってる「私」もいる。
>
>
> そりゃあぁ~ こんなに「私」が出てきたんだもの 夫を「嫌だーー」と感じるに決まってるよなぁ~(ため息)
>
> あっ! 私 まだまだじゃん と 思っている「私」がいる。
>
> えぇ~~いっ 離れてみるときだけど こりゃしんどい!思いっきり身体ごと離れちゃおう\(^o^)/
>
> と なり、子供とおでかけ( もちろん夫に了解してもらう )
>
> このとき 夫に「おでかけしてもいい?」と聞くと、夫は
>
> 「うん。今日はくたびれているから、ひとりで家で まったりしていたいんだ~」だって。
>
> 私はてっきり「一緒に おでかけしたい」と夫は思っている!と決め付けていた。
>
> あ!決め付けている「私」を見た。
>
> ぎゃあおぉ~~ なんと ややこやしいことかーーーー ゚(゚´Д`゚)゚

真我の視点からは、個人(私)はいません。

思考、感情もただ起こっているだけです。

それ(思考、感情)を自分のものとして所有しているのは、エゴ(個人・私)です。

思考、感情はただ起こっているという理解で、どこまでもそこ(思考、感情)から離れているだけですね。

真我は何ものからも影響を受けません。

それが、本当のひとみさんです。


それから、思考、感情の内容にあまり注意を向ける必要はありません。

自然に気づかれる範囲ならいいですが、それ(思考、感情)の内容にあまり注意を向け過ぎると巻き込まれる可能性があります。

観念などを詳しく調べる必要もありません。
(必要であれば、自然に気づかれます。)

思考、感情に気づいている意識の方に注意を向けてください。

それが、在るということです。

ただ在れば、そこから必要なことが起こってきます。

すべてが正されます。

>
>
> で、まとめてみよう♪
>
> 私のなかに3人の私がいる。
> (のびのびさんこれ↑祖父が教えてくれてたことなんです)
>
> 真我の私   吾なる精霊の私   自我の私
>
> 真我そのものに在るとき とても気持ちよく平安しかない世界♪
>
> そして昨日みたいに自我の私が登場すると 吾なる精霊の私が 自我の私を「見ている」
>
> で、真我の「在る」に行こうとしても、なかなかいけない。
>
> この「ただ見る」というのは 吾なる精霊のすることなんだなぁ~
>
> で、この吾なる精霊が しっかりしてくると 真我の私で いつも在れるようになる!
>
> ねぇ 真我さん これでいい?
>
> 『はい OKです (*´∀`*) 』
>
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> 三位一体とかなんとか?言いながら 亡き祖父が昔おしえてくれました。
>
> この祖父のお話、昨日 日記を書きながら「ふと」気づいたのですが
>
> この「吾なる精霊」を 真我と自我の間に容れると なんとも理解がさらに簡単にできるようになりました。
>
> で、のびのびさんに 確かめたくなりました。
>
> よろしくお願いします。
>
> いつも しつこくて ごめんなさい。

そのやり方がやりやすいのであれば、そのようにされたらいいと思います。

ただ、真に存在するのは真我だけですので、真我として在ることを実現されたいのであれば、シンプルに真我(在る)に意識を向ける、あるいは、それそのもので在ることが最も直接的です。

大切なことは、本当のひとみさんはそれ(真我・在る)であるということを、深く理解し、深く受け入れていくことです。

そして、一瞬一瞬、それ(真我・在る)で在ることです。

ありがとうございました。

のびのび


2012-04-02 : のびのび

・・・・・・・・・・・・・・

ひとみさん

コメントありがとうございます。

> なんども ほんとうにすみません ゚(゚´Д`゚)゚
>
> 気づきました!
>
> 夫も「 真我 」ならば 夫は、そこにいない。
>
> という気づきです。
>
> そして私も そこにいない。
>
> いない者同士が いる!と信じこんで(私も、夫も)
>
> 相手に気を使う。
>
> これって 滑稽としか言えませんねぇ~ 

はい、それがマインド物語です。

それだけが、苦しみの原因です。

>
> もっと もっと 正直に在ります。
>
> なんども すみませんでした。 ありがとうございました。

そうですね。

ただ在ってください。


ありがとうございました。

のびのび


2012-04-02 : のびのび

・・・・・・・・・・・・・・

[ただ在ってください。]

はい。そう在ります。

感謝


2012-04-03 : ひとみ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示