【コメント欄より】やはり「ただそうである」です。

今回は、M・Kさんから頂いたコメントとのびのびの返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)
(コメント欄からの転載です。)

**************

M・Kさん

コメントありがとうございます。

> のびのびさんへ
>
> すみません。
> 今日は、問いかけが起こっています。
>
>
> わたしの中の『個人』が泣いています。
> わたしは、昨日からずっとそれを、見ています。
>
>
> わたしという個人の手の平から、いろんな貯めてきたものがこぼれ落ちてゆくのを感じているようです。
>
> それを嘆いています。
>
> なにも言えない、ただ、ただ、見ています。
>
>
> 昨夜は、フラダンス教室に久しぶりに行きました。
> 久しぶりに出かけた、フラダンス。
> 踊れなくなっていました。身体が衰えていました。
>
> 踊ること自体も、見ることも、喜びそのものだったのに、楽しい。と、感じなくなっていた。
>
>
> それ以外にも、全体性で在る。に意識を合わせていると、個人は特別なものでなくなり、わたし(真我)はどんどん軽くなり、それゆえ、今まで掴んで離さなかったものに違和感を感じ出し、実際手放そうという行為まで生まれます。
>
> 分離しながらもある、わたしのマインド(個人)は、それを嘆く。努力して積み重ねてきたものを、こんなには不適切です。と、取り上げられていく感じがあります。
>
>
> 喜びだったもの、可愛がっていたもの、守って執着してきたもの。
>
> 執着し、努力し、離さずきたものが、わたし個人の手の平からこぼれてゆく嘆き。
> 泣いています。
>
>
> わたしの中は、こんなふうに個人と、育まれようとする真我に分れて内在しています。
>
> じっと、見ています。

本当の自分(真我)に気づくと、一時的に現れの世界に価値を感じなくなるということが起こるかもしれません。
大切だと思って執着してきたものに価値を感じなくなる、それにマインドが抵抗しているのですね。
そのことに、よく気づいていますね。

やはり「ただそうである」です。

そして、真我の視点からは、快も不快も同等です。
ただ起こっていることを体験するだけです。
それが、真我の在り方です。
何が起こっていても、真我は全く影響を受けません。

何度も何度も体験を繰り返すことによって、その在り方に馴染んできます。
気づきの力が強くなり、また、在ること自体が喜びになってくれば、起こっていることに巻き込まれにくくなってきます。
理解が、体験を通して深まってきます。
>
>
> のびのびさん。
> のびのびさんは、バレエをしてみえると読みました。
> 今のあなたには、踊れる、踊れない。などや、肉体の変化などは、どのように感じていらっしゃるのだろう。
> それは、あなたの前にはどのように映っていらっしゃるのだろう。
>
> 聞きたくなりました。
>
> 質問で、すみません。
>
> M・K

バレエは、師に出会う2年位前に体力づくり(姿勢を整えるため、気持ちよさそうだから)のつもりで始めました。
その教室でのレッスンは簡単な動きばかりで、今でも初心者のようなものです。
ですから、特に体力的な衰えを感じることもなく、気持ちよく続けています。

そして、クリアになってくるほどに、とらわれなく、楽に続けられるようになりました。
はじめの頃は、いろいろなとらわれがあり、レッスン中でも、そういうことばかりに意識がいっていました。
今は、あるがままに身体を動かし、自然体でレッスンを受けています。
レッスン時に流れる曲もとても美しく感じられるようになり、うっとりしながら、身体を動かしています。

バレエに関してはそういった感じですが、その他のこと、社会的立場や経済的なこと、友人関係などに関しては、師に出会う前に既に、多くのとらわれが落ちていたと思います。

今、M・Kさんのなかで、マインドが強く抵抗しているのですね。
「ただそうである」と気づいていてください。
そして、余裕があれば、真我(在る)に意識を戻してください。
その繰り返しで、真我(在る)が成長していきます。

そして、すべてを手放す必要もなく、それもただ起こるがまま、あるがままです。
すべては、自然に起こってきます。

ありがとうございました。

のびのび


2012-03-23 : のびのび


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

何度も何度も、すみません。

どうしても報告させていただきたくなりましたので、お許しください。

今朝も I AM THAT を頂いていました。

そこに

「世界の中に、あなたが在るのではなく

 あなたの中に世界が在るのだ。

 ほんとうに世界を救いたいのならば、

 世界の外にいなければ世界を救うことはできない」

という所を頂きました。

今まで、

【「私は在る」ということは、

 永遠の幸福・最高の目的・最高の救助(唯一の援助)】

という箇所を頂いて

永遠の幸福・最高の目的 までは納得できましたが

最後の「最高の救助・唯一の援助」が、納得できないまま在りました。

でも、今朝!これが理解できました。(興奮しています)

「私は在る」は永遠の幸福です。

そして「永遠の幸福」で在る私の中に世界が在る!なら

世界が救われるのは当たり前だ!と。

ただ、ひたすら「私は在る」で、私が在れば、同時に世界も救われるんだ!

この気づきは、私にとって本当に最高の喜びです。

のびのびさん とても嬉しいです。嬉しすぎるほど嬉しいです。

しずかに「私は在る」毎日を過ごすことが、世界をも救う!

なんと表現していいのかわからないほど嬉しいです。

興奮したコメント お許しください。

Re: おはようございます。

ひとみさん

コメントありがとうございます。

> 何度も何度も、すみません。
>
> どうしても報告させていただきたくなりましたので、お許しください。
>
> 今朝も I AM THAT を頂いていました。
>
> そこに
>
> 「世界の中に、あなたが在るのではなく
>
>  あなたの中に世界が在るのだ。
>
>  ほんとうに世界を救いたいのならば、
>
>  世界の外にいなければ世界を救うことはできない」
>
> という所を頂きました。
>
> 今まで、
>
> 【「私は在る」ということは、
>
>  永遠の幸福・最高の目的・最高の救助(唯一の援助)】
>
> という箇所を頂いて
>
> 永遠の幸福・最高の目的 までは納得できましたが
>
> 最後の「最高の救助・唯一の援助」が、納得できないまま在りました。
>
> でも、今朝!これが理解できました。(興奮しています)
>
> 「私は在る」は永遠の幸福です。
>
> そして「永遠の幸福」で在る私の中に世界が在る!なら
>
> 世界が救われるのは当たり前だ!と。
>
> ただ、ひたすら「私は在る」で、私が在れば、同時に世界も救われるんだ!

素晴らしい気づきですね。

その理解そのものが、真の意味で世界に対して大きな影響を及ぼします。

真我の視点に立つとき、

世界は幻想である。(実は何も起こっていない。)
すべてはひとつであり、存在するのは、愛だけである。

という理解があります。

すべての現象(幻想)は真我(在る・愛・永遠の幸福そのもの)のなかで起こっていて、絶対に安心・安全であり、絶対に大丈夫であるという理解。

この「理解している・知っている」ということがとても大切です。

この理解が、個人・マインドを超えたところで、ひとつであるすべての存在に大きな影響を及ぼしていきます。

その理解は、波紋のように、すべてに響き渡っていき、真実の目覚めを促していきます。

それが、真の意味で世界を救うということです。

たった一人の意識、理解の深まりが、世界の変容に大きな影響を与えていきます。

>
> この気づきは、私にとって本当に最高の喜びです。
>
> のびのびさん とても嬉しいです。嬉しすぎるほど嬉しいです。
>
> しずかに「私は在る」毎日を過ごすことが、世界をも救う!
>
> なんと表現していいのかわからないほど嬉しいです。
>
> 興奮したコメント お許しください。

本当に大きな喜びですね。

真我自身の喜びです。

それは、マインドの喜びとは比べものになりません。

そして、この深い喜びが全体に響き渡り、世界を喜びで包んでいきます。


どんどん理解が深まっていらっしゃり、本当に素晴らしいです。

ありがとうございました。

のびのび

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示