外側の変化よりも、内的な微細な変化に気づけるようになることが大事

基本は、在ること自体が主で、それが最も大切であり、そう在ればすでにOK、すべてOKです。
その現れは結果であり、それらにはとらわれない。どっちでもいい。どうでもいいと言うか、在れば、その現れはすべて、全体的善、絶対的善であることを知っているというのが、在る、真我を主とした在り方ですね。

現れの部分(世界・幻想)を相対的に良くしようとする目的で、真我を活用しようというのは、マインド、個人を主とした在り方です。
もちろん、よい悪いはありませんが、ある意味、個人(幻想)の方がまだ強い場合は、下の在り方になります。

現れの変化に関しましては、日常の中の小さな変化、特に、ある意味、外側の出来事(これも体のある個人を基準にした言い方ですが)よりも、内的な微細な変化に気づけるようになってくるといいですね。
マインドが浄化され、静かになり、ハートが微細になり、意識が目覚めていると、より気づけるようになってきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示