真我の一側面だけに固執すると、トータルで自然な在り方への歩みが止まってしまう

強烈な体験、劇的な体験などをすると、それにとらわれてしまうことがあります。

そこは、それ自体はひとつですが、様々な側面、状態があります。

それを一つに限定するのがマインドです。

これは、初期覚醒者に起こります。

絶対的な無、すべては完璧などを体験、そして知ると、その体験が絶対的であるがゆえ、自分の知ったその一つの側面だけに固執するということが起こります。
(固執するのは、残っている未成熟なマインドです。)

そして、それ以外の側面を否定、拒否、排除したりすることがあります。

(たとえば、それは愛ではないとか、すべては完璧だから何もする必要がない、真我を伝えようとすることはおかしいなど。)

その一側面だけをマインドが捉えてしまうと、トータルで自然な在り方への歩みが止まってしまうことがあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示