それそのものとして在るときには、「つながる」という感じではない

受講者
瞑想
周囲がバタバタしていて途中話しかけられたりしたため、
集中できない時がありました。
だからといってイライラするようなこともなく、
落ち着いていたことと、
自分の心の奥で、
本質的な部分とつながっているかのような感覚がありました。

無空さんとそれについてお話しさせていただいたところ、
本質そのものが「在る」なので、
つながっているという感覚とは別のものであること、
また、「本質の自分につながっている」ということではなくて、
そもそも「在る」しかない。
本質が離れて存在していてそこからつながっているものではない、
というお話を受けました。

確かに全く違う感覚のものでしたので、
さらに理解を深めることができました。
自分自身は本質そのものだと実感することができました。



はい、本質としての在るには、それ自身から起こり、
距離を持った関係性の中で、それ自身とつながる、それ自身を感じる等
の能力(自然本性)もあり、そのような体験も起こりますし、可能ですが、
(個人の立ち位置にいる場合はそこからのスタートになりますが、
そこから、「つながる」ではなく、それそのものとして在れるよう進んでいきます。
自己理解という点では、それそのものとして在れるということは必須です。)
それそのものとして在るときには、「つながる」という感じではありません。
本質としての自己理解、本質の実現、本質としての在るの実現という点では、
それそのものとしての実感、在り方を重ねていくことが大切です。

そして、本質としての自己理解が確かになった上で、
それを土台として本質から現れているものも統合されていくという流れがあります。
(同時並行で進んでいく部分もありますが。)

源と現れという関係性、在るの自然な在り方も理解された上で、
それだけが在る(すべてはただ起こっていて、そして、本当は何も起こっていない、愛だけが在る等)
という理解がすべてを貫き、すべてを包んでいきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示