マインド的な意味ではないが、在るはもっとも欲張り、無限に欲張りということもできる

受講者
ハートの共鳴
「欲張り」という言葉が浮かんできました。何かを体験すると、それだけ感情も動くし、思考も活発になるけれど、実はそれを望んでいるのかもなあと感じました。



セッションでもお話ししましたが、在るも体験したいんです(自然本性からのそれです)。

無限そのもの、無限の可能性そのものであるそれは、個人体験もしたいし、思考も、感情も、本質であるそれ自身も、そして、それが現れと統合されたトータルなそれも、

さらに未知なる深み、広がり、すでにそこに在り、それであるけれど、未だ具体的には知られていない、開かれていないそれ自身、無限であるそれ自身を

どこまでも無限に体験し、実現し、知っていきたいんです。

(「これでいい」、「知っている」、「不動不変」、「絶対」等の質、在り方も同時にあります。

無限の深まり、無限の開かれ、無限の更新等よりも、こちらの在り方の方が強いケースもあります。

参考:「I<わたし> 真実と主観性 デヴィッド・R・ホーキンズ著」 より

けれども、これレベルの進化は通常あまり起こりません。意識レベルが600に達した時点でそこで止まり、
残りの生涯をそのまま過ごす場合がほとんどです。
各レベルの啓示はそれだけで完結していて深い満足を与えるので、その達成感がさらなる意識の進化を停止させてしまうのです。
ほとんどの覚者が600を超えたところで完結するのはそれが理由です。
その状態の至福があまりにも完全なので、さらにその先があるようには見えないのです。
しかしある意味では、その結論は正解です。
というのも、各レベルはそのレベルにおいて完全かつ完璧だからです。
そのような達成感や完了感は、500台の上位以上から現れます。
そこには好奇心も未完了感も残っていないので、先に進もうという探求心が起こりません。
わたしの場合、そこから先の各レベルにおいても、真理に対する開放性は持続していました。
ですからどこかで、完璧に完結しているのではなく、進行中の過程であるということを認識していたのです。
おそらく「自己」がさらなる進化の中で自らの本質と潜在的可能性を表現するために、前進しようとする意志を働かせたのでしょう。
そして、何よりも、おのずと起こる進化の過程に身を明け渡したいという意志が決定的な要素でした。
創造は条件が整ったとき、その潜在的可能性を表現するのです。)

そのような視点から言うと、マインド的な意味ではないですが、在るはもっとも欲張り、無限に欲張りということもできます。

ただそれは、それ自身であり、ひとつであるものですので、けっしてその欲、望み、願い、自然本性により起こってくるものがどれほど多くても、

それ自身からはみ出すことはなく、それ自身の中に収まりきらないということは絶対的にありません。

その欲張りは、同時に、適切で的確であり、分相応、無限の在るにふさわしいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示