在るとして在ること

受講者
日常では、マインドが静かなときと、騒がしいときが交互にあるような感じです。
騒がしさに少し、うんざりしています。



はい、うんざりすることもよいことです。
真にうんざりし、マインドはそのようなものであると深く理解、受容すると、
さらに全体の変容も促されていくでしょう。

また、騒がしいマインド(それが起こっていること)に対して在るはどう在りますでしょうか。
それを確認し、真の自己、本当の自分は在るであるという理解のもと、戻れるときは在るに戻りましょう。
在るとして在りましょう。

その他、深まり、開かれも進んでいますので、浄化的に騒がしいマインドが浮上してきている、
ということも言えるかもしれません。
静かなときと騒がしいときが交互にあるということは、浄化のペースが速くなっている、
在る(静けさそのもの)に自然に戻ることで浄化が起こり、また、在るに自然に戻ることで浄化が起こり・・・
が続いているということもあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示