自分自身(在る、真の自己、愛)であること、それ自体が開花

受講者
今月から環境が大きく変わり、自由な時間がほとんどない状態となりましたが、必要なことが起こっていることを感じ、落ち着いて在ります。
たくさんの素晴らしい光と触れあう機会に恵まれていることをありがたく感じています。



今回の環境の変化も、存在全体の深まりと成長、そして、実現にとてもよい機会ではないかと思います。
素晴らしい在り方で在られているようですね。
謙虚な在り方で学ばれ、受け取られていくのと同時に、深い理解から自然に放たれ、実現される存在の光、祝福が同時に起こっていることでしょう。
ただそこに在るだけ、ただ在るだけで為されているということがあります。


受講者
では、感想をお伝えします。

最初の共鳴
収まるべきところで開花するという言葉が浮かび、在るという基本の立ち位置に在ることの大切さをあらためて感じました。



自分自身(在る、真の自己、愛)であること、それ自体が開花ですね。

(同時に、自分自身であると、根そのもの、源そのもの、あるいは、マイホームそのものでもあるように、
とても安心、安定しています。
安心は、その存在の自然な開花を促します。
自分自身であることは、安心であり、また、開花そのものでもあり、また、さらなる開花を促すものでもあります。)

自分が自分に開かれる、
(気づいている意識がそれ自身に気づく、在るがそれ自身が存在していることに気づく、その事実に気づく、愛が愛を知る・・・)
自分を認識する、
自分を知る、

それは、無限に開かれていきます。
無限に開花していきます。

それは、無限そのもの、無限の可能性そのもの、無限の愛そのもの。

可能性は開かれ、愛は開花し、満ち満ちたものは、ただ満ち溢れ出します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示