いつも在るもの、どんなときでも在るものに気づいて在ること

受講者
二回目セッションの感想になります。

今回は前回と比較して強烈に何かを感じる事が全体を通してありませんでした。



はい、在るの在り方は無限であり、その感じ方は様々です。
前回の感想の返信に、日常そのものが在るですというようなことを書いたと思いますが、
それ(在る、愛、全体、空)は、普通、当たり前、いつも通り、自然という在り方で実在しています。
変わることのない本質、
すべてを常に支え、すべてに浸透し、すべてをいつも包んでいるもの、
そして、すべてのすべて、すべてそのものとして在るものは、そのように在ります。

共鳴のときには、それを強く感じたりすることもありますが、その本質を知り、
いつもと変わらない中にそれを見出すことがとてもとても大切です。

それは、いつもそのものでもあるのに、いつもと違うものを探していたのでは見つかりません。

いつも在るもの、どんなときでも在るもの
共鳴する前から在るもの、
共鳴中も在るもの、
共鳴の後も変わらずに在るもの、
それに気づいて在りましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示