ただひとつのものである在るは、多様でありながら、多様として現れながらも、そのままただひとつであるもの、ただひとつであるすべてとして在る

受講者
はじめの共鳴では、「自由そのもの」、「軽やかさそのもの」、「透明そのもの」、「広がりそのもの」、「引っかかりようがない」、「純粋性そのもの」、「分離はない」、「ただひとつであるものそのもの」を感じました。



在るの素晴らしき多様な在り方、無限の在り方をとてもよく感じ取られていましたね。

もっともシンプルなものは、どこまでも奥深く、そして、広く大きく、

シンプルでありながら同時に多様であり(どこまでも多様に在れる、多様に見ることができる、多様に感じることができる)、無限です。


受講者
アイコンタクトでは、「分離は見えない」、「ただひとつであるものそのもの」、「深遠さそのもの」を感じました。



さらに、それ度、そのもの度が深まっているのが伝わってきます。


受講者
瞑想では、「ただひとつであるものとして在る」、「識別は働いても、分離は見えない」を感じました。



とても力強いですね。

「ただひとつであるものとして在る」

「識別は働いても、分離は見えない」

素晴らしく在るですね。

多様であることが、分離をもたらすわけではありません。

ただひとつのものである在る(愛、真我、全体)は、多様でありながら、多様として現れながらも、

そのままただひとつであるもの、ただひとつであるすべてとして在ります。

それは、それ自身の自然本性(愛)により、(現れ的には)起こっては消え、起こっては消え

(それ自身の動きとしては、それ自身は変わらないまま、不動のまま、起こっては戻り、起こっては戻り)

を繰り返しますが、それ自身の本質、あるいは、それ自身である本質、愛であること、幸せそのもの、

よろこびそのもの、平和そのもの、真・善・美そのものであること等はまったく変わりません。

その不変の在り方、絶対不動の立ち位置は変わらないまま、それ自身の動かないままの動き

(本質は変わらないままの動き、それ自身のゆらぎ、注意がゆらいで、またそれ自身を再認識する、

起こっては戻りの動き、現れを体験し、そしてまた、それ自身に還るという動き、旅、冒険、学び、遊び、道、プロセス等)により、

その素晴らしさは、無限に深まっていきます。


受講者
ハートの共鳴では、「ただひとつであるものそのもの」、「分離はない」、「まるごと」を感じました。

立場を変えての共鳴では、「無限そのもの」を感じました。

立場なしの共鳴では、「変わらないものそのもの」を感じました。



今回も素晴らしく深く、素晴らしく広く大きく、素晴らしく純粋に在るでしたね。


受講者
日常では、

ただひとつであるものとして、まるごとの体験がそこに在ります。



素晴らしくそのままであり、素晴らしくトータルですね。

ただひとつであるものは、ただひとつであるすべてです。


受講者
そして、「解脱」という言葉がとてもしっくりくる感覚です。



そこに来ると、それが実感として分かりますね。

本当に素晴らしいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示