変わらないものが、真の土台となり得る

受講者
木曜の合同共鳴で内側から湧いてくる幸福感や豊かさを感じました。
とても気持ちがよく、これが本当の自分かと思いました。



本当の自分であるときに感じられるもの(それそのものでもありますが)という
理解がよろしいと思います。
(いつも感じられるというわけではありませんが。また、体験、実感を重ねていくことで
理解はさらに深まり、よりトータルなものとなっていきます。)


受講者
ですが、そのあと濱田浩朱さんのCDで幸福感等が重要なのではなく、
その奥にあるいつも変わらない意識が重要と言っておられました。
むしろ、その幸福感等を求めだすとあまり良くないようです。



それにとらわれるとバランスの取れた本質的な在り方、立ち位置とは
ちょっと違ってくることがありますね。

本当の自分とは幸福そのものであり、その幸福そのものが、
それ自身から起こってくる幸福“感”にとらわれるということはありません。

真の自己理解を深めていくことが大切です。

幸福感等を求めることも自然なことではありますが、
同時に、本質の方を知り、それを土台に、すべてが統合、バランスされるようにしていきましょう。
(変わらないものが、真の土台となり得ます。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示