ずっと変わらずに在るものは、「当たり前」なもの、あるいは、当たり前そのものとして存在している

受講者
本日のセッションで、まず思った事は…、
「意識」とか「在る」って、とても「当たり前」のモノなんだな、と。



はい、そうです。
ずっと変わらずに在るものは、「当たり前」なもの、あるいは、当たり前そのものとして
存在しています。


受講者
今まで、悟りの本やブログを読んで、「それ」は
修行などをして、「気づかなければならないもの」だと思ってたのに、



そのようにして気づく場合もありますし、また、それでも気づかない場合も多くあります。


受講者
実はとっても普通に、誰でも、いつでも、感じているものだという事に驚きました。
こんな「デフォルトに」あったものだったとは…。



はい、それをシンプルに、直接的に、指摘、お伝えさせて頂き、
また、それに気づくだけでなく、そこからさらにその認識、理解を深め、
これまでのマインド主体の習慣から、在る主体、あるいは、真に統合され、
真に自然、真に普通、真に当たり前な在り方へとサポートさせて頂くのが、
無空庵のセッションです。


受講者
そして…、共鳴やアイコンタクトの時は
何だか知りませんが「何か」を感じてしまい、ちと怖かったです。
自分の周囲に何だか大きなエネルギーみたいなのがあって
その圧力を感じてしまいました。

不思議です。



慣れないものをマインドは怖がりますが、在る(真我・愛・全体・気づいている意識)の
共鳴は、絶対安心、絶対安全の共鳴でもありますので、大丈夫です。

在るの共鳴中には、在るの密度、在るの濃度が濃くなることもありますから、
それを感じられていたのかもしれませんね。


受講者
「意識」というのは目に見えない、五感で感じられないものですが
それは「在る」んだなぁと思いました。



はい、それが分かったことはとても大きいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示