現れの源に意識を向けるようになってはじめて、現れレベルでの根本的でトータルな変化、変容が始まる

受講者
何もないもの、動きのないものに意識を向けていると、自分は今まで「変化しなければ、前進しなければ進歩がない」と思っていたので、動くもの(心)にがっぷりと組み合っていたのだと気づきました。

動かないものに意識を向けるのは、それだけで自分が変わることや進歩すること、前進することを拒否する行為な気がして、怖かったのだな、と。

動かない何かに意識を向けることは、今までの人生でやったことがないし、進歩や前進を放棄することになるかもしれない、かなりチャレンジングなことに感じます。
ですので、少しずつ、試してみようと思っています。



はい、無理なく少しずつ実践をしていってください。

動かないものは、すべての動きの源です。

そこに意識を向けるようになってはじめて、現れレベルでの根本的でトータルな変化、変容が始まります。

それは、マインドレベルで考える進歩、前進も含み、そしてそれらをはるかに超えたものです。

でも、それは、ただ自分自身(真の自己)であることでもあるので、とても自然で当たり前、普通なものでもあります。

真の自然、真の当り前、真の普通とも言えるかもしれません。

無理なく少しずつ実践していってください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示