強い浄化が起こっているときは…

浄化があまり強いときには、なかなか「在る」(真我)にしっかり戻れないかもしれませんね。


そのようなときには、ただその状態に気づいている、今はそうである(今、~という感情が起こっている)と、価値判断せずに、ただ認識していてください。
感情が出て来る度に、何度も認識し続けてください。

そのようなときは、そこから離れられなくても、我を失った状態ではなく、気づきの力、自覚の力が働いています。
そのことが出てきているもの、起こっているものを可能な限り早く解消してくれます。
(出てきているものの強さ、深さ、大きさ等と気づきの力の関係等により、どのくらいで解消されるかはそれぞれですが。)


または、そこから無理に離れようとせず、まるごとその状態をそのまま受け入れる、あるいは、包み込むのもいいですね。

まるごとそのままを受け入れ、包み込むことができるのは、ハートであり、真の愛です。

出て来るものは、ただ出してあげればいいです。
(ただ、できれば他の人にぶつけないほうがいいですね。)

また、怒り、憎しみ等の感情を悪いものだと価値判断しない方がいいですね。
ただ、エネルギーのバリエーションのひとつくらいに思っていたらいいです。

そのようなすべてを同等に見る見方(あるいは力)、透明な視点が、起こってきているもののエネルギーをより純粋なものへと変えていきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示