悟りと解脱について

受講者
悟りは手前で、その次に解脱が有るわけですよね。



悟りの一瞥、悟後の修行という言葉等もありますからね。


受講者
悟りと言う字からすると、心に吾と書きますから、
自分の心を知るのが悟りと言うことになりますよね。
本当の自分の心を知るのが、悟りなのかな?



字から見ると、そのように見ることもできますね。
無空庵としては、本当の自分(本質、真我、在る、愛、気づいている意識)
を知ること、それそのものとして直知、直覚すること、理解することを
悟りと捉えています。
そして、そこからマインドの変容、本質の存在全体への浸透、悟り自体の深まり等が
あります。
小悟、大悟等の言葉もありますね。
(その他、悟りに関しては、悟りの階梯として説明される四向四果というものや、
禅の十牛図等もあります。)


受講者
で、それを超えたところに解脱がある。
解脱と言うのは、確か輪廻転生から離脱することを
言っているんですよね。



現れ側から見るとそのように見ることもできますね。
在るの視点からは、それはすでに解脱している、
あるいは、すべてはそれであり、何かから解脱するという視点すら存在しない、
ということが言えます。
(在るの本性である、それ自身を超えていく、それ自身を無限に更新していく、
という視点から見れば、自分自身からの解脱が常に起こっている
━何も起こらないまま起こっている━、ということも言えるかもしれません。
また、それが精妙なレベルで起こっていることで、
それがより、現れ的なレベルで起こっているのが、その精妙なレベルの反映が、
現れ的な視点からの解脱という見方もひとつできるかもしれませんね。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示