在るは、全体であり、バランスそのものでもある

受講者
「自分は居ない」という方向の
覚醒に関するセッションを受けさせていただくのと同時に



「自分」というのが、現れである自我、個人ということで言えば、
「自分は居ない」というのは、本質的な視点、究極の視点からは、
それは絶対的な真実であるとも言えますが、
一時的な現象である現れも含めたトータルな視点からは、
現れも含めたすべてが「自分」であるということも言えます。


受講者
今までやらなかった、
仕事の方向性を確立するための「ビジネスにおける自己分析」のような
「自分をみる」ことをたくさんしているのが不思議です。



それが現れにおける自然です。
個人である自分が、在る(真我)からの自然現象として起こってくるのと同じように、
それは、個人である自分が起こってきた流れの中で自然に起こってきます。


受講者
瞑想的なことに集中して取り組むと、
私の場合は、意識が上に行きがちなので
バランスを取っているのかもしれません。



在るは、全体であり、バランスそのものでもあります。
ただひとつであるものであるそれは、現れも含めたそれ自身において、
常にバランスそのものであり、
また同時に、常にそれ自身の中で起こっている現れ全体のバランスがとれるように働いています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示