すでにすべては本質的に救われている、その本質においては、救われる必要があるものなど何もない

受講者
初回から1週間の間に、友達の連れてきた視える人に
大きな憑き物がいる、家族にも影響が及ぶ、と言われて、恐怖を覚えました。
私にとっては、こういう体験は珍しいことです。

恐ろしいことになるから、行動しなさいと言われたとき、わたしは動きませんでした。
けれど、愛のために動こうと思えたとき、
同じことでも、受け入れてもいいかなと思っていました。



受け入れることで、必要であれば自然な変容が起こっていきます。


受講者
純粋な意識からみたとき、闇の存在も、光も、おなじものなはずで、
ただそこにあってもいいんじゃないか、という考えが救いになりました。



はい、その視点、その立ち位置に在れば、在るものすべてが
本質的に救われます。
(その視点、その立ち位置は、すでにすべては本質的に救われている、
その本質においては、救われる必要があるものなど何もない、というものです。
━もちろん、状況に応じた現れレベルでの必要な対処、対応等は必要です。━)


受講者
2回目のセッションの前に、それらの方々との
関係が切れました。



それも自然な流れかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のびのび
2010年8月に『無空庵』に出会い、師からの直接伝授(ゼロ意識共鳴セッション)により、本当の自分(ゼロ・空・愛)を思い出すことができました。
今も継続してセッションを受けています。
師の言葉は、分かりやすく、深く、やさしく、愛に溢れています。
師を通して伝えられたことを、私なりに整理してみたくなりました。
私の学びのノートです。

初めてご訪問頂いた方へ
悟り|無空庵
お知らせ
公開・週一合同ゼロ意識共鳴
ご案内
浄化のときにはこちらへどうぞ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示